電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 17:05
Matched Filter検出法と干渉除去を併用した符号化MIMO空間多重システムの特性改善に関する一検討
枡川健太郎落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 限られた周波数資源を有効利用するための技術として,送受信機で複数のアンテナを用いるMIMO(Multiple-input multiple-output)
空間多重システムが盛んに研究されている.
一般に,MIMO受信機における信号検出においては,計算量と誤り率特性の間にトレードオフの関係がある.
誤り率特性においては,最尤検出法(MLD:Maximum Likelihood Detection)が最適な信号検出法として知られているが,線形検出法に比べて計算量が大きい.
本稿では,符号化MIMO空間多重システムにおいて,計算量を抑えつつMLDに匹敵する誤り率特性を実現するため,
最も簡易な線形検出法であるMatched-Filter(MF)検出法に着目し,これにCRCを用いた干渉除去を適用することでMLDの計算量を低減する,二段階信号検出法を提案する。 
(英) Optimal detection of multiple-input multiple-output~(MIMO) spatial multiplexing
systems becomes challenging as the number of antennas increases due to the fact
that there is a trade-off relationship between
the complexity and the achievable error rate performance.
The maximum-likelihood detector(MLD) is known to be optimal with highest complexity,
whereas that based on the matched filter(MF) has the lowest complexity
but the remaining interference leads to poor error rate performance.
Therefore, in this work,
we propose a two-stage MIMO detection system that uses MF and MLD after interference cancellation assisted by cyclic redundancy-check (CRC) codes.
Simulation results demonstrate that the proposed approach may
reduce the complexity of MIMO detection without degradation of bit error rate(BER) performance compared to MLD.
キーワード (和) MIMO / Matched filter / CRC符号 / 干渉除去 / 並列干渉除去 / ターボ符号 / /  
(英) Multiple-input multiple-output (MIMO) / matched filter (MF) / cyclic redundancy-check (CRC) code / interference cancellation / parallel interference cancellation(PIC) / turbo code / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 125, RCS2018-130, pp. 255-260, 2018年7月.
資料番号 RCS2018-130 
発行日 2018-07-04 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Matched Filter検出法と干渉除去を併用した符号化MIMO空間多重システムの特性改善に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Reduced-Complexity Coded MIMO Spatial Multiplexing System based on Matched-Filter Detecter and CRC-Assisted Interference Cancellation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / Multiple-input multiple-output (MIMO)  
キーワード(2)(和/英) Matched filter / matched filter (MF)  
キーワード(3)(和/英) CRC符号 / cyclic redundancy-check (CRC) code  
キーワード(4)(和/英) 干渉除去 / interference cancellation  
キーワード(5)(和/英) 並列干渉除去 / parallel interference cancellation(PIC)  
キーワード(6)(和/英) ターボ符号 / turbo code  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 枡川 健太郎 / Kentaro Masukawa / マスカワ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-130 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.255-260 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会