お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 13:35
ミリ波メッシュバックホールネットワークにおける干渉低減法に関する研究
中村 誠タン ザカン阪口 啓東工大RCC2018-53 NS2018-77 RCS2018-122 SR2018-53 ASN2018-47
抄録 (和) 近年,モバイルトラヒックが急速に増加しており,快適な通信環境を構築するために5Gでは高速通信の実現が要求されている.高速通信を実現するミリ波ヘテロジニアスネットワークでは,ミリ波帯をバックホールとして採用することで配線コストを削減できるが,干渉によるシステム容量の悪化を考慮する必要がある.本稿では,ミリ波メッシュバックホールネットワークのための,ミリ波アクセスポイントの配置,チャネル割当,見通し波以外も含めたビーム選択,ボトルネックを改善するための送信電力制御による干渉低減手法を提案する.動的無線バックホール制御により干渉低減を目指す提案アルゴリズムが,干渉低減効果によるバックホールにおけるボトルネックの改善を示した. 
(英) Recently, since mobile traffic increases rapidly, 5G network is required to support eMBB communications. Self-backhauling mmWave overlay heterogeneous network is proposed to realize eMBB at low cost. However, intra-channel interferences among mmWave backhaul links become an issue. This work proposes solutions to this problem through several approaches including proper deployment of mmWave access point, channel allocation when necessary, beam selection including other direction than line of sight, and finally optimal power transmission allocation for alleviating bottleneck of the mesh backhaul networks. Ray-tracing based simulation result shows that the proposed algorithm can cope with bottleneck of the backhaul networks through the effects of the employed interference management schemes.
キーワード (和) 5G / ミリ波 / HetNet / マルチホップ方式 / 基地局配置 / チャネル割当 / 干渉制御 /  
(英) 5G / Millimeter-wave / mmWave / Multi-hop / Relay placement / Channel allocation / Interference management /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 126, SR2018-53, pp. 151-158, 2018年7月.
資料番号 SR2018-53 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-53 NS2018-77 RCS2018-122 SR2018-53 ASN2018-47

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波メッシュバックホールネットワークにおける干渉低減法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference Management for Millimeter-Wave Mesh Backhaul Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(3)(和/英) HetNet / mmWave  
キーワード(4)(和/英) マルチホップ方式 / Multi-hop  
キーワード(5)(和/英) 基地局配置 / Relay placement  
キーワード(6)(和/英) チャネル割当 / Channel allocation  
キーワード(7)(和/英) 干渉制御 / Interference management  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 誠 / Makoto Nakamura / ナカムラ マコト
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) タン ザカン / Gia Khanh Tran / タン ザカン
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2018-53,IEICE-NS2018-77,IEICE-RCS2018-122,IEICE-SR2018-53,IEICE-ASN2018-47 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.123-130(RCC), pp.197-204(NS), pp.205-212(RCS), pp.151-158(SR), pp.139-146(ASN) 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会