お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 10:20
カメラによる共通移動ノードの方向変化観測とノード移動距離測定による協調的移動ノード位置取得手法
行方将晃桧垣博章東京電機大NS2018-72
抄録 (和) 多数の移動無線ノードから構成される無線ネットワークでは, データメッセージのルーティングやサーバ機能を提供する移動無線ノードの決定といったネットワーク基本機能の提供や, 実行されるネットワークアプリケーションそのもののために, 移動無線ノードの位置情報が必要とされる.
これを簡易なデバイスと手法を用いてより高精度に取得することが求められ, 無線信号の受信強度(RSSI)を用いる手法などが研究されてきている.
しかし, 移動無線ノード間距離を直接測定する手法では, 無線信号の伝搬遅延のばらつきやマルチパスなどの影響のために十分な精度を得ることができない問題がある.
本論文では, カメラによる取得映像から他の2台の移動無線ノードのなす角度を取得する2台の移動無線ノードと自身の移動距離を測定する1台の移動無線ノードの協調によって, 高精度に移動移動無線ノード間距離を取得する方法を提案する.
移動無線ノードのなす角度は, 移動無線ノードの形状, 大きさ, 距離に無関係に高精度に得ることが可能であることに加え, ノード間距離やノードの移動方向を測定する必要がない点が提案手法の優れた点である.
さらに, 多数の移動無線ノードが取得映像に含まれる場合でも, これらの各移動無線ノードとその識別子との対応を取得映像から得ることなく,移動無線ノード間距離を取得することを可能としている. 
(英) In wireless networks composed of numbers of mobile wireless nodes, their location information is required to be achieved for fundamental network services such as routing of data messages and determination of server nodes providing various services such as name services and for supporting network applications based on locations of the mobile wireless nodes, for instance, sensor network applications and ITS applications.
Until now, various methods for achieving distances between two mobile wireless nodes have been proposed; however, some of them requires too expensive devices and others achieves too low-resolution results.
Most of the methods using RSSI of transmitted wireless signals between to mobile wireless nodes cannot provide enough high resolution due to large deviation of transmission delay and the multi-pass problem.
This paper proposes a novel method for achieving distances between mobile wireless nodes by cooperation of 3 mobile wireless nodes with cameras and a device for measuring its own migration length.
The cameras are only used for measuring angles with high accuracy between 2 mobile wireless nodes which are independent of their shapes, sizes and distances.
In addition, our proposed method does not require to make matching between images of each mobile wireless nodes and their IDs by using video images gained by the cameras.
キーワード (和) 相対位置推定 / ノード間距離 / 移動無線ネットワーク / 測定精度 / / / /  
(英) Relative Location Estimation / Distance between Nodes / Mobile Wireless Networks / Measurement Accuracy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-72, pp. 167-172, 2018年7月.
資料番号 NS2018-72 
発行日 2018-07-04 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-72

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラによる共通移動ノードの方向変化観測とノード移動距離測定による協調的移動ノード位置取得手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cooperative Location Aquisition of Mobile Nodes by Measurement of Moving Distance and Change of Observation Directions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相対位置推定 / Relative Location Estimation  
キーワード(2)(和/英) ノード間距離 / Distance between Nodes  
キーワード(3)(和/英) 移動無線ネットワーク / Mobile Wireless Networks  
キーワード(4)(和/英) 測定精度 / Measurement Accuracy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 行方 将晃 / Masaaki Namekata / ナメカタ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.124 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会