電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 11:20
全二重無線LANにおける端末間のフレーム衝突を抑制するバックオフ手法の提案
坂倉翔太藤村 力眞田耕輔森 香津夫三重大NS2018-74
抄録 (和) 端末(STA)とアクセスポイント(AP)とで無線全二重通信を行う全二重無線LANのためのMACプロトコルでは,全二重通信が可能なときは,バックオフの待機中であっても送信状態へ移行することができる.また,全二重通信を行なったAPとSTAは,従来のバックオフ手法に基づき,全二重通信成功後に自身のコンテンションウィンドウ(CW)の値を初期化する.しかし,送信フレームの衝突を回避するためにCW値を大きく設定していたSTAも,全二重通信成功後にそのCW値を初期化し,送信確率の高いSTA数が増加するため,フレーム衝突の誘発を引き起こしていた.本稿では,全二重無線LANにおけるSTA間のフレーム衝突を抑制するためのバックオフ手法を提案する.本提案では,全二重通信のセカンダリ送信に限定して,その送信の成功,失敗に関わらず送信終了後にCW値とバックオフタイマの値を維持する.これにより,衝突が抑制される適切な送信確率がAPとSTA間とで維持され,システムスループットを向上させることができる. 
(英) In the MAC protocol for full-duplex wireless LANs (FD-WLANs), an access pint (AP) and stations (STAs) can transmit data frame based on distributed coordination function. However, the initializations of backoff timer and CW value in the backoff method of FD MAC causes increasing of collisions and inter-user interference in FD-WLANs. This paper proposes a simple backoff scheme for FD-WLANs. In the proposed scheme, the CW value and backoff timer is not changed and is kept the current value after the FD secondary transmission. By using the proposed scheme, both AP and STA achieve optimal transmission probabilities for mitigating the frame collisions, which enhances the network throughput.
キーワード (和) 無線全二重通信 / 無線LAN / CSMA/CA / Full-Duplex MAC / バックオフ / / /  
(英) Wireless full duplex / Wireless LAN / CSMA/CA / Full-Duplex MAC / Backoff / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-74, pp. 179-184, 2018年7月.
資料番号 NS2018-74 
発行日 2018-07-04 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-74

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全二重無線LANにおける端末間のフレーム衝突を抑制するバックオフ手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Simple Backoff Scheme for Full Duplex MAC protocols in Wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線全二重通信 / Wireless full duplex  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) Full-Duplex MAC / Full-Duplex MAC  
キーワード(5)(和/英) バックオフ / Backoff  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂倉 翔太 / Shota Sakakura / サカクラ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 力 / Chikara Fujimura / フジムラ チカラ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 耕輔 / Kosuke Sanada / サナダ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-74 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.124 
ページ範囲 pp.179-184 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会