お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 09:30
Experimental evaluation of an optical wireless MIMO system with baseband modulation
Fabien CoronaHirotoshi SugiuraKentaro KobayashiHiraku OkadaMasaaki KatayamaNagoya Univ.RCS2018-115
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) This document reports the evaluation of an indoor 4$times$4 MIMO (Multi Input Multi Output) OWC (Optical Wireless Communication) system using infrared LEDs.
We experimented with this system for communication distances ranging from 5m to 25m, and bitrates from 5Mbit/s to 20Mbit/s.
This system can achieve all the tested bitrates with an error rate below 2% for distances up to 15m, which is to our knowledge one the best performances achieved for current OWC MIMO systems with similar setups. Beyond 15m, the bit error rates increase rapidly.
キーワード (和) 光無線 / MIMO / 赤外線 / マンチェスタ符号 / ベースバンド変調 / 屋内 / 光無線LAN / 等価  
(英) Optical Wireless Communication (OWC) / Multi Input Multi Output (MIMO) / Infrared (IR) / Manchester Code / Baseband Modulation / Indoor / Wireless Local Area Network (WLAN) / Zero Forcing Equalizer  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 125, RCS2018-115, pp. 165-169, 2018年7月.
資料番号 RCS2018-115 
発行日 2018-07-04 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-115

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of an optical wireless MIMO system with baseband modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線 / Optical Wireless Communication (OWC)  
キーワード(2)(和/英) MIMO / Multi Input Multi Output (MIMO)  
キーワード(3)(和/英) 赤外線 / Infrared (IR)  
キーワード(4)(和/英) マンチェスタ符号 / Manchester Code  
キーワード(5)(和/英) ベースバンド変調 / Baseband Modulation  
キーワード(6)(和/英) 屋内 / Indoor  
キーワード(7)(和/英) 光無線LAN / Wireless Local Area Network (WLAN)  
キーワード(8)(和/英) 等価 / Zero Forcing Equalizer  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ファビアン コロナ / Fabien Corona / ファビアン コロナ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 宏俊 / Hirotoshi Sugiura / スギウラ ヒロトシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-115 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.165-169 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会