電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 09:55
[奨励講演]協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム ~ 遠隔車両制御と自律制御の連携 ~
佐々木健吾牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は Mobile/Multi-Access Edge Computing (MEC) を用いて協調運転を実現するために, クラウドのような車両遠方に配置され広範囲から車両のセンサー情報を収集可能な Upper Edge Server(UpES) と基地局のような車両近くに配置され低遅延な処理が可能な Lower Edge Server (LoES) が連携して遠隔車両制御を行うインフラ型車両制御システムを提案している.しかし, 提案したインフラ型車用制御システムは遠隔車両制御が前提であり, 車両自らが自動運転を行う自律制御を考慮できていない. 遠隔制御システムはバーストパケットロスのような通信遮断が発生すると, 制御を実現できないため, 自律制御は協調運転実現には必須の技術である. 本論文ではインフラ型車両制御システムと自律制御の連携を提案し, 通信遮断が発生するような非常時には遠隔制御から自律制御への切り換えを行う. シミュレーションによる評価を行い, 協調運転システムを実現するには, 多層エッジサーバを連携させた遠隔制御が必要であることを示す. 
(英) Cooperative driving has caught much attention recently. To achieve cooperative driving systems, cloud-based and/or Mobile/Multi Access Edge Computing (MEC)-based vehicle control systems have been pro- posed. They have a trade-off between the feedback latency in terms of controlling and capacity defined as the number of vehicles for which the cloud or edge-server can accommodate sensor information via the network. Our previous work reports an Infrastructure-based vehicle control system that takes advantage of both cloud and MEC-based systems, for which we enable coordinated control between an Upper Edge Server (UpES) that has a large capacity and a Lower Edge Server (LoES) that executes remote control with low latency. The previous system, however, does not consider autonomous control by the vehicle. When burst packet loss occurs, the previous system collapses. In this paper, we propose the coordination of the previous system and autonomous control. By considering autonomous control, the proposed system achieves a more flexible deployment of edge servers than the previous system. From the simulation, we show that multi-layered edge servers are required for cooperative driving systems.
キーワード (和) MEC / 5G / 協調運転 / 自動運転 / / / /  
(英) MEC / 5G / Cooperative driving / Autonomous vehicles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-71, pp. 161-166, 2018年7月.
資料番号 NS2018-71 
発行日 2018-07-04 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム 
サブタイトル(和) 遠隔車両制御と自律制御の連携 
タイトル(英) Vehicle control system with multi-layered edge servers for cooperative driving 
サブタイトル(英) Coordination with the autonomous and remote control 
キーワード(1)(和/英) MEC / MEC  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) 協調運転 / Cooperative driving  
キーワード(4)(和/英) 自動運転 / Autonomous vehicles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 健吾 / Kengo Sasaki / ササキ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧戸 知史 / Satoshi Makido / マキド サトシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-71 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.124 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会