電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 10:55
屋内遠隔制御車いすのための無線LANハンドオーバー技術の提案
奥田和也永井勇希中村僚兵葉玉寿弥防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自律走行を行う車いすの研究開発が進められている.車いすの自動制御技術は,介護のための労力の低減や高齢者の活動サポートに貢献できると期待される.我々は,自動走行できる車いすシステムをできるだけ低コストで実現する方法を明らかにすることを目的として研究を進めている.本研究では, 既に多く存在している無線LANインフラを活用して,制御サーバからの遠隔制御によって,屋内を自動走行する車いすシステムの実現性を検討した.既存の共用型の無線LANを利用する場合,一般に,1)通信トラフィックが増大すると伝送品質(伝送遅延,パケットロス率)が劣化すること,2)通信端末の移動に伴い無線LAN基地局の切替が生じた際に通信の途絶が発生することが問題となる.本稿では,2)の問題に焦点をあて,マルチパス通信によってこれを克服する方法を提案し,実験評価を行った結果を示す. 
(英) Many efforts are being made on R&D activities of autonomous driving wheelchairs. Autonomous driving wheelchairs are expected to reduce labor for nursing care and to support elderly activities. Our research target is to realize an autonomous controlled wheelchair system with small cost. To achieve this, we thought that centralized control scheme by a control server and utilization of existing wireless LAN infrastructure are the keys. When a wheelchair crosses the boundary of the coverage areas of wireless LANs, communication disruption occurs as the wireless LAN-AP changes. In this research, we have studied a technique to create a seamless communication environment by utilizing plural wireless LAN Access Points. To overcome the problem, we proposed a method based on multipath communication. This paper shows results of implementation of the proposed method and experimental evaluations.
キーワード (和) 無線LAN / ハンドオーバー / 遠隔制御 / 車いす / 自動運転 / / /  
(英) Wireless LAN / Handover / Remote Control / wheelchair / autonomous driving / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 128, CS2018-38, pp. 127-132, 2018年7月.
資料番号 CS2018-38 
発行日 2018-07-04 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋内遠隔制御車いすのための無線LANハンドオーバー技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of a Wireless LAN Handover Technique for Indoor Remote Controlled Wheelchairs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) ハンドオーバー / Handover  
キーワード(3)(和/英) 遠隔制御 / Remote Control  
キーワード(4)(和/英) 車いす / wheelchair  
キーワード(5)(和/英) 自動運転 / autonomous driving  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥田 和也 / Kazuya Okuda / オクダ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 勇希 / Yuki Nagai / ナガイ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 僚兵 / Ryohei Nakamura / ナカムラ リョウヘイ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 葉玉 寿弥 / Hisaya Hadama / ハダマ ヒサヤ
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-38 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会