お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 14:50
無線アドホックネットワークにおける制御メッセージの衝突を用いたネットワークコーディング通信手法
青井雄亮桧垣博章東京電機大RCC2018-56 NS2018-80 RCS2018-125 SR2018-56 ASN2018-50
抄録 (和) 無線マルチホップ配送経路を双方向にデータメッセージ群が配送される場合, それぞれの方向に配送されるデータメッセージが中継無線ノードに保持される頻度が高くなる.
そこで, 中継無線ノードのデータメッセージ転送にネットワークコーディングを導入することによって各データメッセージの配送遅延の短縮, エンドエンドのデータメッセージ配送スループットの向上が期待される.
しかし, 無線マルチホップ配送経路に沿ってデータメッセージ群を配送する場合, 各中継無線ノードはその前後2ホップの中継無線ノードのメッセージ送信を抑制することでデータメッセージと他のメッセージとの衝突(経路内衝突)を回避することが必要である.
そのために RTS/CTS 制御の導入が求められるが, 従来手法では制御メッセージの配送手順が延長しており, データメッセージの配送性能の低下が避けられない.
本論文では, 制御メッセージの配送手順の延長を回避するために, CTS 制御メッセージと ACK 制御メッセージの衝突の検知をもってこれらの正しい配送を判断する手法を提案する.
本提案手法について, 無線マルチホップ配送性能をシミュレーション実験評価し, 従来手法と比較して30.1%の拡大が可能であることを確認した. 
(英) In some wireless network applications using bidirectional wireless multihop transmissions of sequences of data messages, intermediate wireless nodes hold temporarily data messages in both directions with high probability.
Network conding methods have been proposed for reduction of forwarding and end-to-end transmission delays and for increase of ent-to-end data message throughput.
However, for collision-free wireless multihop transmissions, 2-hop neighbor intermediate wireless nodes are required to be suspended during a data message transmission.
Some extended RTS/CTS control have been proposed for network coding support; however, for avoidance of collisions between control messages transmitted for the control, longer transmission delay is inevitable.
This paper proposes a novel RTS/CTS control method for supporting network coding in bidrectional data message transmissios.
Here, the CTS and ACK control messages are transmitted with the usual SIFS interval and their correct simultaneous transmissions are detected by their collisions.
In simulation experiments, 30.1% higher end-to-end throughput of data message is achieved by the proposed RTS/CTS control in comparison with conventional methods.
キーワード (和) 無線マルチホップ配送 / 双方向通信 / RTS/CTS制御 / 衝突 / / / /  
(英) Wireless Multihop Transmissions / Bidirectional Communications / RTS/CTS Control / Collision Avoidance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-80, pp. 217-222, 2018年7月.
資料番号 NS2018-80 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-56 NS2018-80 RCS2018-125 SR2018-56 ASN2018-50

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線アドホックネットワークにおける制御メッセージの衝突を用いたネットワークコーディング通信手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Performance Wireless Ad-Hoc Networks with Network Coding Communication based on Collision Detection of Control Messages 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップ配送 / Wireless Multihop Transmissions  
キーワード(2)(和/英) 双方向通信 / Bidirectional Communications  
キーワード(3)(和/英) RTS/CTS制御 / RTS/CTS Control  
キーワード(4)(和/英) 衝突 / Collision Avoidance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青井 雄亮 / Yusuke Aoi / アオイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-RCC2018-56,IEICE-NS2018-80,IEICE-RCS2018-125,IEICE-SR2018-56,IEICE-ASN2018-50 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.143-148(RCC), pp.217-222(NS), pp.225-230(RCS), pp.171-176(SR), pp.159-164(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会