電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 16:40
MU-MIMO-OFDM THPのオーダリング削減法へのレベル交差に基づく遅延スプレッド推定法の適用効果に関する一検討
新保薫子菅沼碩文前原文明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広帯域移動通信では,マルチパスに起因する周波数選択性フェージングが伝送特性に大きな影響を与える
ことから,周波数選択性を簡易に把握することが期待される.周波数選択性を表す遅延スプレッドを推定する方法と
して,複数の周波数応答を逆フーリエ変換(IFFT) して得られる瞬時インパルス応答を平均化し,その平均値,すなわ
ち平均電力遅延プロファイルを用いた遅延スプレッドの導出法が挙げられるが,IFFT 処理を複数回行う必要があるこ
とから,計算コストがかかる問題がある.本稿では,時間領域におけるレベル交差の議論を周波数領域に展開し,周波
数応答のレベル交差回数から簡易に遅延スプレッドを推定する方式を提案するとともに,MU-MIMO-OFDM THP の
オーダリング処理の削減に適用したときの有効性を計算機シミュレーションにより検証する. 
(英) Broadband mobile wireless systems suffer from frequency selective fading due to multipath, which motivates us to
establish the method for easily estimating frequency selectivities. In this context, delay spread can be estimated by averaging
the impulse responses obtained from frequency responses using IFFT processing, which unfortunately requires a large amount
of computational effort. In this report, we propose the delay spread estimation method using level crossing rate. Moreover, the
proposed method is applied to the ordering cost reduction method for MU-MIMO-OFDM THP to verify the effectiveness of
the proposed approach.
キーワード (和) 広帯域移動通信 / レベル交差回数 / 周波数選択性フェージング / 遅延スプレッド / MU-MIMO-OFDM THP / オーダリング / /  
(英) broadband mobile communications / level crossing rate / frequency selective fading / delay spread / MU-MIMO-OFDM THP / ordering / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 125, RCS2018-129, pp. 249-254, 2018年7月.
資料番号 RCS2018-129 
発行日 2018-07-04 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MU-MIMO-OFDM THPのオーダリング削減法へのレベル交差に基づく遅延スプレッド推定法の適用効果に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Application Effect of Delay Spread Estimation Method based on Level Crossing Rate to Ordering Cost Reduction Method in MU-MIMO-OFDM THP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広帯域移動通信 / broadband mobile communications  
キーワード(2)(和/英) レベル交差回数 / level crossing rate  
キーワード(3)(和/英) 周波数選択性フェージング / frequency selective fading  
キーワード(4)(和/英) 遅延スプレッド / delay spread  
キーワード(5)(和/英) MU-MIMO-OFDM THP / MU-MIMO-OFDM THP  
キーワード(6)(和/英) オーダリング / ordering  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 薫子 / Yukiko Shimbo / シンボ ユキコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 碩文 / Hirofumi Suganuma / スガヌマ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-129 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会