お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:41
レイヤ2ネットワークを用いたMQTTの性能評価
佐々木裕也横谷哲也向井宏明金沢工大CS2018-18
抄録 (和) Internet of Things(IoT)が成熟していく中、それに伴いネットワークに接続される機器の数が爆発的に増えていくと予想される。現在インタネットアクセスではそのほとんどがIPによる通信を行っている。しかしIPは得たい情報が物理的な場所に依存し、IoTのような頻繁に通信アクセスを行う場合では、その度に通信接続と切断を繰り返すため効率的とは言えない。そこでIoTにはInformation Centric Network(ICN)という情報そのものの固有の名前を指定し通信を行う方法の適用が検討されている。しかし現状のIP通信をICNに切り替えるには課題が多く困難であると考えられ、IPとICNが連携し通信することが必要であると考える。そこでICNの通信プロトコルの一つであるMQTTを用い、IPとICNが連携する方法としてL2ネットワークを用いた通信制御の性能評価を行う。 
(英) As the Internet of things (IoT)grown, it is expected that a number of devices connected in network will be increased. Currently, Internet based on IP is mostly applied to most of communication. However, communication by IP requires physical location of connecting devices. If IoT communication on the current Internet is often invoked, it seems to not efficient, because a number of connection establishment and release on communication is performed. Therefore, IoT requires a concept of communication system referred to as information centric network (ICN). However, it is difficult to switch to ICN suddenly from the IP communication network. We think Co-operation between ICN and legacy communication protocols is necessary. Therefore, we propose communication using MQTT over layer 2 network and evaluate its performance.
キーワード (和) IoT / ICN / MQTT / IP / VLAN / L2ネットワーク / プロトコル / 性能評価  
(英) IoT / ICN / MQTT / IP / VLAN / Layer2 / protocol / performance evaluation  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 128, CS2018-18, pp. 37-40, 2018年7月.
資料番号 CS2018-18 
発行日 2018-07-04 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2018-18

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイヤ2ネットワークを用いたMQTTの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of communication using MQTT over Layer 2 Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) ICN / ICN  
キーワード(3)(和/英) MQTT / MQTT  
キーワード(4)(和/英) IP / IP  
キーワード(5)(和/英) VLAN / VLAN  
キーワード(6)(和/英) L2ネットワーク / Layer2  
キーワード(7)(和/英) プロトコル / protocol  
キーワード(8)(和/英) 性能評価 / performance evaluation  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 裕也 / Yuya Sasaki / ササキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横谷 哲也 / Tetsuya Yokotani / ヨコタニ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 宏明 / Hiroaki Mukai / ムカイ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:41:00 
発表時間
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-18 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会