電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:55
[ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によっ
て決定される.一方でアレーアンテナの無線通信システムは原理的にRF(Radio Frequency) 回路がアンテナ素子数分
必要となるため,単一アンテナの無線システムに比べると高コストとなってしまう.これを解決するためにアンテナ
選択が検討されている.筆者らは先行研究として干渉波が1 波のみ到来する場合に所望波,干渉波の到来角情報に対
応したアンテナ組み合わせの表を作成しその表を参照することで使用アンテナを決定する方法を提案しその性能につ
いて検証を行った.しかしながら,先行研究において提案したアンテナ選択法では干渉波が複数となる場合に到来角
情報に加えて電力情報も必要となり必要な表の数が増大してしまう.そこで本稿では干渉波が2 波到来する場合に電
力の観点からより簡易なテーブル作成法を提案し,その有用性を示した. 
(英) In general, the number of interference signals which can be suppressed by an adaptive array antenna is determined by the number of antennas. However, the number of antennas in the adaptive array antenna is equal to the number RF (radio frequency) chains and the larger number of antennas leads to higher cost. For this issue, an
antenna selection has a potential to reduce the cost while the performance of adaptive array antenna can be maintained. We proposed LT (Look-up Table) method while there is only one interference signal in a previous study.In the LT method, the antennas can be decided by the LT and direction of arrival information of the interference signal.In this paper we investigate the LT method when the number of interference signals is two. In this case, the size of LT is increased due to the power and direction information. For this issue, we propose new LT in which some information is compressed to reduce the LT size. The numerical evaluations will provide a validity of the proposed LT in the antenna selection based adaptive array antenna.
キーワード (和) アダプティブアレーアンテナ / アンテナ選択 / 空間相関 / line of sight / ルックアップテーブル / / /  
(英) Adaptive Array Antenna, / Antenna Selection / Spatial Correlation / line of sight / Lookup Table / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 126, SR2018-47, pp. 121-127, 2018年7月.
資料番号 SR2018-47 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on efficient Antenna selection based on Spatial Correlation for Adaptive Array Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレーアンテナ / Adaptive Array Antenna,  
キーワード(2)(和/英) アンテナ選択 / Antenna Selection  
キーワード(3)(和/英) 空間相関 / Spatial Correlation  
キーワード(4)(和/英) line of sight / line of sight  
キーワード(5)(和/英) ルックアップテーブル / Lookup Table  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 匠 / Takumi Sakamoto / サカモト タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Antti Tolli / Antti Tolli / アンティ トーリ
第3著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: UOO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:55:00 
発表時間 80 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2018-50,IEICE-NS2018-63,IEICE-RCS2018-108,IEICE-SR2018-47,IEICE-ASN2018-44 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.111-117(RCC), pp.117-123(NS), pp.129-135(RCS), pp.121-127(SR), pp.127-133(ASN) 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会