お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 17:15
[招待講演]高度モビリティ社会におけるアンビエントセンシングの実現に向けて
白石 陽公立はこだて未来大RCC2018-52 NS2018-69 RCS2018-114 SR2018-49 ASN2018-46
抄録 (和) 近年,パーソナルモビリティ,MaaS(Mobility as a Service)や自動運転など,先進的な交通システムや次世代モビリティに関する議論が盛んに行われている.また,屋内環境におけるモビリティに注目すると,人を対象としたセンシング技術や屋内測位技術に関する研究開発が盛んに行われており,屋内ナビゲーションを始めとして様々な屋内位置サービスが開発されている.本講演では,これらの背景を踏まえて,著者らのモビリティセンシングに関する研究事例を紹介しながら,高度モビリティ社会における環境センシング技術の課題と展望を述べる.
車や自転車,歩行者など実世界には様々なモビリティが存在し,それらのモビリティの快適な移動を支援するためには,交通状況や路面状況などの周辺環境をセンシングする技術が不可欠である.著者らは,安全な地域交通の実現を目指して,車載スマートフォンを用いたモバイルセンシング技術の研究を進めて来ており,車線変更検知や路面状況推定などの研究事例を紹介する.また,屋外の道路交通システムと同様に,屋内環境においても混雑や人流などのモビリティの動きをセンシングする技術が不可欠である.屋内環境におけるモビリティセンシングに関する取り組みとして,Wi-Fi技術を活用した人数推定技術や混雑推定に向けた歩行者センシング技術を紹介する. 
(英) Recently, advanced transport systems and future mobility such as personal mobility, MaaS (Mobility as a Service) and autonomous driving have been actively discussed. Concerning mobility in indoor environments, lots of technologies for human sensing and indoor positioning have been studied, and various kinds of location-based services including indoor navigation have been developed. Based on these backgrounds, I will introduce our studies on mobile sensing in outdoor/indoor environments, and describe the problems and perspectives on ambient sensing in advanced mobility society.
There are various kinds of mobility such as vehicle, bicycles and pedestrians in real-worlds (outdoor/indoor environment). Environmental sensing for grasping traffic situations and road surface conditions are essential for making these mobility's navigation comfortable and safety. Towards realizing safety regional transport systems, we have developed several mobile sensing techniques with in-vehicle smartphones. As such mobile sensing techniques, a method for detection of lane change and a method for estimation of road surface condition will be introduced. Sensing technologies for grasping dynamics of mobility such as human flow and crowded level are needed in indoor environments as well as outdoor environments. As studies on such mobility sensing in indoor environments, a Wi-Fi based method for human counting and a method of pedestrian sensing for estimating crowded level, that we have developed, will been explained.
キーワード (和) モビリティ / 高度道路交通システム(ITS) / モバイルセンシング / ナビゲーション / 環境センシング / / /  
(英) Mobility / Intelligent Transport Systems (ITS) / Mobile Sensing / Navigation / Ambient Sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 127, ASN2018-46, pp. 137-137, 2018年7月.
資料番号 ASN2018-46 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-52 NS2018-69 RCS2018-114 SR2018-49 ASN2018-46

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高度モビリティ社会におけるアンビエントセンシングの実現に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Towards Realizing Ambient Sensing in Advanced Mobility Society 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(2)(和/英) 高度道路交通システム(ITS) / Intelligent Transport Systems (ITS)  
キーワード(3)(和/英) モバイルセンシング / Mobile Sensing  
キーワード(4)(和/英) ナビゲーション / Navigation  
キーワード(5)(和/英) 環境センシング / Ambient Sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 陽 / Yoh Shiraishi / シライシ ヨウ
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: Future Univ. Hakodate)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 17:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-RCC2018-52,IEICE-NS2018-69,IEICE-RCS2018-114,IEICE-SR2018-49,IEICE-ASN2018-46 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 p.121(RCC), p.153(NS), p.163(RCS), p.131(SR), p.137(ASN) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会