電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:55
[ポスター講演]ポアソンセルラネットワークにおけるマルチユーザスケジューリング利得の解析
山本高至京大RCC2018-38 NS2018-51 RCS2018-96 SR2018-35 ASN2018-32
抄録 (和) 著者はこれまでに,基地局の面的分布がポアソン点過程に従うポアソンセルラネットワークにおいて,チャネル適応型スケジューリングのひとつである正規化SNRスケジューリングを行った際の信号対干渉電力比(SIR)の分布を,確率幾何により解析的に導出した.
ただし,これを元にスケジューリング利得を数値評価すると,基地局あたりのユーザ数が50程度であっても,スケジューリング利得は2倍まで到達していなかった.
この理由を検討したので報告する. 
(英) In Poisson cellular networks, the signal-to-interference power ratio (SIR) distribution of a normalized SNR scheduler has been derived using stochastic geometry analysis. The objective of this report is to discuss the achievable scheduling gain, which is less than two even when the number of users per cell is 50.
キーワード (和) 確率幾何 / ポアソンセルラネットワーク / チャネル適応型スケジューリング / スケジューリング利得 / / / /  
(英) Stochastic geometry / Poisson cellular networks / channel adaptive scheduling / scheduling gain / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 127, ASN2018-32, pp. 93-94, 2018年7月.
資料番号 ASN2018-32 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-38 NS2018-51 RCS2018-96 SR2018-35 ASN2018-32

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ポアソンセルラネットワークにおけるマルチユーザスケジューリング利得の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Multiuser Scheduling Gain in Poisson Cellular Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率幾何 / Stochastic geometry  
キーワード(2)(和/英) ポアソンセルラネットワーク / Poisson cellular networks  
キーワード(3)(和/英) チャネル適応型スケジューリング / channel adaptive scheduling  
キーワード(4)(和/英) スケジューリング利得 / scheduling gain  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:55:00 
発表時間 80 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-RCC2018-38,IEICE-NS2018-51,IEICE-RCS2018-96,IEICE-SR2018-35,IEICE-ASN2018-32 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.77-78(RCC), pp.83-84(NS), pp.95-96(RCS), pp.87-88(SR), pp.93-94(ASN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会