お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:56
An Energy Efficient Target Specific Code Dissemination Scheme with RPL-based Forwarder Selection Algorithm
Hiromu AsahinaKentaroh ToyodaIwao SasaseKeio Univ.)・P. Takis MathiopoulosUoA)・Hisao YamamotoTCUCS2018-23
抄録 (和) In order to fix a bug or install a new application, disseminating a code to specific target sensors is an important management task in WSNs (wireless sensor networks). In order to disseminate a code to specific target sensors in an energy efficient manner, it is required to select the minimum required number of forwarders with a small number of control messages. In this paper, we propose an energy efficient target specific code dissemination scheme with RPL-based forwarder selection algorithm. The main idea of the proposed scheme is that by leveraging the data collection tree created by RPL (Routing Protocol for Low-power and lossy networks) which is a standard routing protocol in WSNs, it is possible to construct the code dissemination tree consisting of the minimum number of non-target sensors with the small number of control messages. Since every sensor exchanges the RPL control messages with the root of the tree when creating a data collection tree, a sensor knows the sensors included in both upward routes toward the root and downward routes toward the edge of the tree. Based on this notion, a sensor whose downward routes do not contain a target sensor can suppress to transmit the control message for constructing the code dissemination tree. In addition, a target sensor can select the upward route that contains the minimum number of non-target sensors. The simulation results show that the proposed scheme reduces by at least 50% energy consumption compared with the previous scheme. 
(英) In order to fix a bug or install a new application, disseminating a code to specific target sensors is an important management task in WSNs (wireless sensor networks). In order to disseminate a code to specific target sensors in an energy efficient manner, it is required to select the minimum required number of forwarders with a small number of control messages. In this paper, we propose an energy efficient target specific code dissemination scheme with RPL-based forwarder selection algorithm. The main idea of the proposed scheme is that by leveraging the data collection tree created by RPL (Routing Protocol for Low-power and lossy networks) which is a standard routing protocol in WSNs, it is possible to construct the code dissemination tree consisting of the minimum number of non-target sensors with the small number of control messages. Since every sensor exchanges the RPL control messages with the root of the tree when creating a data collection tree, a sensor knows the sensors included in both upward routes toward the root and downward routes toward the edge of the tree. Based on this notion, a sensor whose downward routes do not contain a target sensor can suppress to transmit the control message for constructing the code dissemination tree. In addition, a target sensor can select the upward route that contains the minimum number of non-target sensors. The simulation results show that the proposed scheme reduces by at least 50% energy consumption compared with the previous scheme.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / ルーティング / コード配布 / / / / /  
(英) Wireless sensor networks / routing / code dissemination / wireless reprogramming / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 128, CS2018-23, pp. 61-66, 2018年7月.
資料番号 CS2018-23 
発行日 2018-07-04 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2018-23

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-07-CS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Energy Efficient Target Specific Code Dissemination Scheme with RPL-based Forwarder Selection Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless sensor networks  
キーワード(2)(和/英) ルーティング / routing  
キーワード(3)(和/英) コード配布 / code dissemination  
キーワード(4)(和/英) / wireless reprogramming  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝比奈 啓 / Hiromu Asahina / アサヒナ ヒロム
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 健太郎 / Kentaroh Toyoda / トヨダ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹瀬 巌 / Iwao Sasase / ササセ イワオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) P. Takis Mathiopoulos / P. Takis Mathiopoulos /
第4著者 所属(和/英) University of Athens (略称: 会津大)
University of Athens (略称: UoA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 尚生 / Hisao Yamamoto / ヤマモト ヒサオ
第5著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:56:00 
発表時間
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-23 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会