お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:55
[ポスター講演]周波数共用に向けた不均衡データに対する一次利用者排他領域更新方式
山田 仰西尾理志守倉正博山本高至京大RCC2018-44 NS2018-57 RCS2018-102 SR2018-41 ASN2018-38
抄録 (和) 周波数共用では,周波数帯の一次利用者に対して二次利用者が干渉を与えないよう,その内部の領域でSUを通信禁止とする一次利用者排他領域(PER:Primary Exclusive Region)といった周波数共用条件が設定される.
本講演では,初期に設定されたPERと実環境の差異により干渉が発生した際に,二次利用者の通信履歴を入力,それに対する干渉の有無を教師ラベルとした教師あり学習によりPERをモデル化し更新する方式を提案する.
加えて,PER更新において顕著となる学習データの不均衡性による学習能力低下を解消する手法として,多数データである非干渉ラベルの訓練データの過剰分を削除するアンダーサンプリング,少数データである干渉ラベルの訓練データの不足分を擬似データ生成により補うオーバサンプリング,教師データ数の増加に伴い擬似データのラベルを再決定するリバースサンプリングを提案する.
計算機シミュレーションにより,提案するサンプリング手法を用いることで,また既存サンプリング手法と比べて,最大50¥%小さいPERで目標とする干渉発生確率を達成できることを示す. 
(英) In spectrum sharing, secondary users (SUs) utilize a licensed frequency band under a condition to avoid interference with a primary user (PU) such as primary exclusive region (PER), wherein SUs are prohibited to transmit.
In this talk, we propose a supervised learning-based PER update based on transmission logs of SUs and interference messages from PU.
In addition, to overcome imbalanced data which degrades learning performance, we design undersampling, oversampling and reverse sampling which uniformalize the number of the dominant non-interference labeled training data and the minority interference labeled data.
Simulation results show the framework for updating PER with the proposed sampling schemes achieves smaller PER compared to the other frameworks.
キーワード (和) 機械学習 / 周波数共用 / コグニティブ無線 / 教師あり学習 / 不均衡データ / / /  
(英) Machine learning / Spectrum sharing / Cognitive radio / Supervised learning / Imbalanced data / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 126, SR2018-41, pp. 107-108, 2018年7月.
資料番号 SR2018-41 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-44 NS2018-57 RCS2018-102 SR2018-41 ASN2018-38

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用に向けた不均衡データに対する一次利用者排他領域更新方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Supervised Learning-based Primary Exclusive Region Update Robust Against Imbalanced Data for Spectrum Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(2)(和/英) 周波数共用 / Spectrum sharing  
キーワード(3)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(4)(和/英) 教師あり学習 / Supervised learning  
キーワード(5)(和/英) 不均衡データ / Imbalanced data  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 仰 / Aogu Yamada / ヤマダ アオグ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:55:00 
発表時間 80 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2018-44,IEICE-NS2018-57,IEICE-RCS2018-102,IEICE-SR2018-41,IEICE-ASN2018-38 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.97-98(RCC), pp.103-104(NS), pp.115-116(RCS), pp.107-108(SR), pp.113-114(ASN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会