電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 10:55
[ポスター講演]周波数共用システムにおけるマルチバンド使用時のシステム間干渉評価
上田恭平冨里 繁上原一浩岡山大
抄録 (和) 本研究では,既存のシステムの使用周波数帯域を二次利用するシステムがマルチバンドを同時に使用することを想定し,このマルチバンドシステムの使用帯域幅を周波数共用システム間の受信電力比に応じて制御した場合の既存システムへの干渉低減効果を計算機シミュレーションにより明らかにする.評価結果から,帯域幅制御によりシステム間干渉を低減できることを明らかにした. 
(英) This paper evaluates the reduction effect of harmful interference to an existing system by bandwidth control in a secondary system according to the received power ratio of the existing and secondary systems by computer simulation where the secondary system simultaneously uses multiple frequency bands and shares the frequency bands allocated to the existing system. The simulation results show that the bandwidth control can reduce inter-system interference in spectrum sharing systems with multi-bands.
キーワード (和) 周波数共用システム / マルチバンドシステム / 帯域幅制御 / / / / /  
(英) Spectrum sharing system / Multi-band system / Bandwidth control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 126, SR2018-43, pp. 111-114, 2018年7月.
資料番号 SR2018-43 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用システムにおけるマルチバンド使用時のシステム間干渉評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inter-system interference evaluation in spectrum sharing systems with multiple frequency bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数共用システム / Spectrum sharing system  
キーワード(2)(和/英) マルチバンドシステム / Multi-band system  
キーワード(3)(和/英) 帯域幅制御 / Bandwidth control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 恭平 / Kyouhei Ueda / ウエダ キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨里 繁 / Shigeru Tomisato / トミサト シゲル
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 一浩 / Kazuhiro Uehara / ウエハラ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 10:55:00 
発表時間 80 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2018-46,IEICE-NS2018-59,IEICE-RCS2018-104,IEICE-SR2018-43,IEICE-ASN2018-40 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.101-104(RCC), pp.107-110(NS), pp.119-122(RCS), pp.111-114(SR), pp.117-120(ASN) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会