お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-12 14:30
超高速移動環境におけるビームフォーミング屋外伝送実験 ~ 28GHz帯Massive MIMOによる上り伝送特性およびハンドオーバ特性 ~
高橋雄太村岡一志増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-112
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)では,数百MHz級の超広帯域が利用できる可能性のある28 GHz帯が有力な候補バンドとして期待されており,世界各所でフィールドトライアルが実施されている.高周波数帯を用いて広いエリアを形成するためには,高周波数帯の伝搬損失を補償する超多素子アンテナによるビームフォーミングが必須である.また,移動するユーザに対しては,ユーザ位置に応じて適切なビーム方向へ切り替えるビーム追従が必要となる.これまで筆者らは,ビーム追従機能を実装した28GHz帯5G伝送装置を用いて時速150kmの高速移動環境における単一基地局での屋外下り伝送実験を実施してきた.一方で,今後需要が高まると想定される高速移動環境における上り映像配信などを想定すれば上り伝送の重要性は増し,また,途切れない映像配信を実現するためにも基地局間のハンドオーバ特性が重要となる.そこで筆者らは,超高速移動環境における上り伝送特性およびハンドオーバ特性を明らかにする屋外伝送実験を実施した.本報告では,超高速移動環境における屋外伝送実験で得られた上り伝送特性およびハンドオーバ特性の評価結果を明らかにする. 
(英) Field trials of the fifth-generation (5G) mobile communication system using 28 GHz band at which almost 1-GHz band will be available have been performed all over the world. To realize large coverage at such a high frequency band, beamforming by Massive MIMO (Multiple Input Multiple Output) is necessary to compensate large path loss. Furthermore, beam tracking which adaptively changes beam direction according to user location is an important function to support user mobility. Authors already conducted outdoor trials for downlink performance evaluation in highly-mobile outdoor environment up to velocity of 150 km/h using 28GHz-band 5G prototypes with a single base station implementing beam tracking. On the other hand, importance of evaluation of uplink transmission has been increasing for e.g. video streaming from high speed train. Handover performance is also important for a continuous video streaming. Thus, authors conducted outdoor trials for evaluation of uplink performance and that of handover performance in ultra-highly mobile environment. This report reveals results of uplink and handover performances in the ultra-highly mobile outdoor trials.
キーワード (和) 5G / 超高速移動 / 超素子アンテナ / ビームフォーミング / ビーム追従 / ハンドオーバ / /  
(英) 5G / Ultra-High Mobility / Massive MIMO / Beamforming / Beam Tracking / Handover / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 125, RCS2018-112, pp. 155-160, 2018年7月.
資料番号 RCS2018-112 
発行日 2018-07-04 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-112

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高速移動環境におけるビームフォーミング屋外伝送実験 
サブタイトル(和) 28GHz帯Massive MIMOによる上り伝送特性およびハンドオーバ特性 
タイトル(英) Outdoor Trial of Beamforming in Ultra-Highly Mobile Environment 
サブタイトル(英) Uplink Massive MIMO and Handover Performances at 28GHz 
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 超高速移動 / Ultra-High Mobility  
キーワード(3)(和/英) 超素子アンテナ / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(5)(和/英) ビーム追従 / Beam Tracking  
キーワード(6)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 雄太 / Yuta Takahashi / タカハシ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / Kazushi Muraoka / ムラオカ カズシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-12 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会