お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-11 10:30
送信レプリカ数適応化を用いたクラウド協調型干渉除去付きランダムアクセスネットワーク
野中敏希藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大RCC2018-25 NS2018-37 RCS2018-82 SR2018-21 ASN2018-18
抄録 (和) 本稿は,無線センサネットワーク(WSNs: Wireless Sensor Networks)におけるネットワークMIMO技術に基づいた新しい複数センサ信号同時受信方式を提案する. ここでは,IoTにおける要求条件に合致する簡易なセンサでも実現可能な方式としてスロット化ALOHAに逐次干渉除去を組み合わせた方式を基本として考える. このような方式では,逐次干渉除去を適用したとしても復調が困難であるようなパケットを送信するセンサノード(SN: Sensor Node)の配置が存在する課題がある. そこで,本稿ではネットワークMIMOの信号分離手法を適用することにより,従来復調困難であった配置のSNからのパケットを復調可能にする手法を提案する. 計算機シミュレーションにより,提案手法を用いることでサービスの質を低下させることなく収集可能なSNからのデータの量を増加できることを示した. また,差分進化法により各SNの送信レプリカ数を適応化した場合の性能を評価した. 
(英) In this paper, we propose a new scheme to simultaneously receive multiple sensor signals based on Network MIMO technique in wireless sensor networks (WSNs). The slotted ALOHA type protocol with successive interference cancelation is considered as the basis of the scheme to meet the requirements of the IoT society with simple sensors. These kinds of scheme have the problem that there are typical sensor nodes (SNs) deployments which make it harder for fusion centers (FCs) to decode the packets from those SNs.The proposed method allows FCs to decode those packets by exploiting the signal separation method in network MIMO system. The results of the computer simulation show that the proposed method can increase the number of SNs whose data can be gathered without degrading the quality of service. Moreover, we evaluated the performance when each SN transmits multiple replicas when the number of replicas is adapted by differential evolution.
キーワード (和) ランダムアクセスネットワーク / 逐次干渉除去 / ネットワークMIMO / クラウド協調 / / / /  
(英) Random Access Network / Successive Interference Cancellation / Network MIMO / Cloud Cooperation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 126, SR2018-21, pp. 1-6, 2018年7月.
資料番号 SR2018-21 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-25 NS2018-37 RCS2018-82 SR2018-21 ASN2018-18

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 送信レプリカ数適応化を用いたクラウド協調型干渉除去付きランダムアクセスネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Random access network with cloud-cooperated interference cancellation using adaptive number of transmit replicas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムアクセスネットワーク / Random Access Network  
キーワード(2)(和/英) 逐次干渉除去 / Successive Interference Cancellation  
キーワード(3)(和/英) ネットワークMIMO / Network MIMO  
キーワード(4)(和/英) クラウド協調 / Cloud Cooperation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 敏希 / Toshiki Nonaka / ノナカ トシキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / タケオ フジイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu /
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Ohta Mai /
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-11 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2018-25,IEICE-NS2018-37,IEICE-RCS2018-82,IEICE-SR2018-21,IEICE-ASN2018-18 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.1-6(RCC), pp.1-6(NS), pp.13-18(RCS), pp.1-6(SR), pp.13-18(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会