電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-06 11:00
OpenFlowにおけるリンク毎パケット遅延変動の監視と劣化リンク特定の効率化
永田隼也鶴 正人九工大ICM2018-19
抄録 (和) 近年,クラウドサービスやサーバの仮想化を支える技術としてOpenFlowが普及しつつある.それに伴い,OpenFlowを用いた大規模なネットワークの品質維持のために,アクティブ計測による実時間での全リンクの性能計測・状態監視技術が研究されている.先行研究ではOpenFlowネットワークの通信品質の指標として各リンクのパケットロス率に着目していた.本稿では,通信品質の指標として遅延変動に着目し,各リンク・双方向のパケット遅延変動を効率的に監視する手法を提案する.提案手法では,計測端末から計測用パケットを一定時間間隔で全リンクを双方向に通過するようにマルチキャスト転送し,各スイッチでは計測用パケットの到着時間間隔の統計量を取得することで遅延変動を推定する.また,コントローラーがスイッチから観測情報を取得する順序を工夫することにより,遅延変動が大きいリンクを迅速に効率よく特定する手法を提案する.その有効性を大規模トポロジ上のシミュレーションによって示した.また,計測端末の位置による影響も調査した. 
(英) In recent year, OpenFlow is becoming popular as a technology supporting cloud services and server virtualizations.Accordingly, in order to maintain a high quality of large-scale OpenFlow networks, active measurement-based real-time performance and status monitoring schemes have been studied.Our previous study focused on the packet loss rate of each link on an OpenFlow network as an indicator of communication quality.In this report, we focus on the packet delay variation as an indicator of communication quality and propose a method to efficiently monitor the packet delay variation of each link in both direction.In the proposed method, measurement packets are multicast-transferred traversing all links in both directions from a measurement terminal at a constant time interval and each switch acquires statistics of the arrival time interval of the measurement packets, which can be used to estimate the link packet delay variation.We also efficiently identify the links with large delay variations (larger than a threshold) by an appropriate order of retrieving the observed statistics from switches.Its effectiveness has been shown through simulation on a large-scale network topology.We also have investigated the impact of the position of the measurement terminal.
キーワード (和) OpenFlow / ネットワーク監視 / アクティブ計測 / マルチキャスト / パケット遅延変動 / / /  
(英) OpenFlow / Network monitoring / Active measurement / Multicast / Packet delay variation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 118, ICM2018-19, pp. 47-52, 2018年7月.
資料番号 ICM2018-19 
発行日 2018-06-28 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2018-19

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2018-07-05 - 2018-07-06 
開催地(和) 青森県観光物産館アスパム 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowにおけるリンク毎パケット遅延変動の監視と劣化リンク特定の効率化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) OpenFlow-based packet delay variation monitoring per link to efficiently locate deteriorated links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク監視 / Network monitoring  
キーワード(3)(和/英) アクティブ計測 / Active measurement  
キーワード(4)(和/英) マルチキャスト / Multicast  
キーワード(5)(和/英) パケット遅延変動 / Packet delay variation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 隼也 / Shunya Nagata / ナガタ シュンヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-06 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2018-19 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2018-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会