電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 15:40
仰角毎に変調方式のみを可変とするVCMシステムの検討
加藤智隼中台光洋谷島正信JAXA
抄録 (和) 近年, 観測センサの高性能化に伴う伝送データの大容量化に対応するため, 地球観測衛星用通信システムの多値化・広帯域化技術が盛んに研究開発されている. 宇宙航空研究開発機構(JAXA)ではこれまで, ALOS-2搭載用DTシステム等において多値化・広帯域化の研究開発実績を残しており, 更なるデータレートの高速化を目指して, 現在はDVB-S2に準拠したKa帯 32APSK 直接伝送システムの研究開発に取り組んでいる. 検討中のシステムでは, 低運用仰角時における回線成立性, 及び高利得誤り訂正符号の適用可能性が課題となっている. 各課題について解析及び実機評価による検討を進めた結果, 検討中のDTシステムにおいては, 変調方式のみを可変とし, 誤り訂正符号化率は5/6で固定とする, DVB-S2対応VCM高速通信システムが適した高速通信技術であることが分かった. 
(英) Recently, researches and developments of higher-order modulation and broadband telecommunication systems become more intensive in order to correspond to an increasing the capacity of observation data associated with the high performance of earth observation satellites. Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) has historically developed higher-order modulation and broadband telecommunication systems in the ALOS-2 satellite and so on. In order to further increase the data rate, we are working on the research and development of the Ka-band Direct Transmission (DT) system with higher-order modulation (32 APSK) based on the DVB-S2 standard. In this system, link feasibility at low elevation angles and applicability of high coding gain error correction code are issues. As the result of analysis and experimental evaluation to these issues, we found that high-speed VCM system based on the DVB-S2 standard with only variable modulation scheduling and the coding rate of 5/6 was suitable DT system.
キーワード (和) 地球観測衛星 / 高速通信システム / 32APSK / Ka帯 / VCM / LDPC符号 / エラーフロア /  
(英) Earth Observation Satellite / High-speed telecommunication / 32APSK / Ka-band / VCM / LDPC code / Error floor /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 105, SANE2018-19, pp. 33-37, 2018年6月.
資料番号 SANE2018-19 
発行日 2018-06-15 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-06-22 - 2018-06-22 
開催地(和) JAXAつくば宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 衛星技術, 宇宙科学・応用, 及び一般 
テーマ(英) Space applications symposium, Mission for Space Science, Satellite technology and General issue 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仰角毎に変調方式のみを可変とするVCMシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VCM System with Only Variable Modulation Scheduling According to Satellite Elevation Angle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地球観測衛星 / Earth Observation Satellite  
キーワード(2)(和/英) 高速通信システム / High-speed telecommunication  
キーワード(3)(和/英) 32APSK / 32APSK  
キーワード(4)(和/英) Ka帯 / Ka-band  
キーワード(5)(和/英) VCM / VCM  
キーワード(6)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(7)(和/英) エラーフロア / Error floor  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智隼 / Chihaya Kato / カトウ チハヤ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中台 光洋 / Mitsuhiro Nakadai / ナカダイ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷島 正信 / Yajima Masanobu / ヤジマ マサノブ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-19 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.105 
ページ範囲 pp.33-37 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2018-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会