電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 10:10
フェージング環境下における1024-QAMおよび4096-QAMを用いたOFDM伝送のBER特性
田 儒驍大塚裕幸工学院大
抄録 (和) 将来の移動通信システムに向けて,伝送速度の高速化が求められている.限られた帯域幅のもとで高速化を実現する一つの技術として,シンボルあたりの送信ビット数を増加する超多値変調方式が注目されている.これまで,LTEではOFDMの一次変調として64-QAMが実用化され,さらには256-QAMの適用に向けた開発が本格化している.本稿では,さらなる高速化を目的として1024/4096-QAMの適用を提案し,フェージング環境下におけるOFDMベースの1024/4096-QAMのBER特性をリンクレベルシミュレーションにより明らかにする.本検討結果をもとに,OFDMベースの1024/4096-QAMの移動通信システムへの適用について考察する. 
(英) Higher-order modulation is promising technique of 5th-generation mobile systems to increase data rate within a limited bandwidth. In this paper, we propose orthogonal frequency division multiplexing (OFDM)-based 1024/4096-QAM transmission, and demonstrate the BER performance in multipath fading propagation conditions by link-level simulation, as well as under static propagation condition. Using these results, we validate the application of OFDM-based 1024/4096-QAM to mobile communication systems.
キーワード (和) 多値変調方式 / 1024/4096-QAM / OFDM / フェージング / / / /  
(英) Higher-order modulation / 1024/4096-QAM / OFDM / Multipath fading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-67, pp. 191-194, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-67 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フェージング環境下における1024-QAMおよび4096-QAMを用いたOFDM伝送のBER特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BER Performance of OFDM-based 1024/4096-QAM in Multipath Fading Conditions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多値変調方式 / Higher-order modulation  
キーワード(2)(和/英) 1024/4096-QAM / 1024/4096-QAM  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) フェージング / Multipath fading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田 儒驍 / Ruxiao Tian / デン ジュギョウ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 裕幸 / Hiroyuki Otsuka / オオツカ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 10:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-67 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.191-194 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会