電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 10:20
位相雑音に対して耐性のある高次Circular QAM信号空間配置のPAPR特性
中林美有鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NEC
抄録 (和) 筆者らは,先に時変の位相雑音に対して耐性のある高次circular Quadrature Amplitude Modulation (QAM)の設計法を提案した.本稿では,高符号化率のLow-Density Parity-Check (LDPC)符号化に適した並列ダブルグレイマッピング及び協調LDPC復号を用いたときの位相雑音に対して耐力のあるcircular 1024QAM, 2048QAM, 4096QAMのピーク電力対平均電力比(PAPR: Peak-to-Average Power Ratio),及びビット誤り率(BER: Bit Error Rate)をそれぞれ,rectangular 1024QAM, cross 2048QAM,及びrectangular 4096QAMと比較評価する.計算機シミュレーション結果より,22k 信号点(kは自然数)を有する高次circular QAM信号空間配置は,rectangular QAMに比較して低いPAPR及び目標のBERを満たすための所要受信SNRを低減することができる観点から有効であることを示す. 
(英) We recently proposed high-order circular quadrature amplitude modulation (QAM) constellation using partial low-density parity-check (LDPC) code aiming at the application to wireless microwave backhaul. This paper presents peak-to-average power ratio (PAPR) performance of circular 1024QAM, 2048QAM, and 4096QAM constellations based on our proposed design method, and compare them with those rectangular 1024QAM, cross 2048QAM, and rectangular 4096QAM, respectively. We also present the corresponding bit error rate (BER) performance of these circular QAM constellations using partial LDPC coding with parallel double Gray mapping. Computer simulation results show that the circular QAM constellations achieve equal or lower PAPR compared to that of the corresponding rectangular or cross QAM constellation with the same frequency efficiency. Therefore, we conclude that high-order circular 2k QAM constellation (k is an integer) based on the proposed design method is more advantageous in decreasing the PAPR as well as achieving the better BER compared to the rectangular QAM constellation when using partial LDPC coding with double Gray mapping.
キーワード (和) circular QAM / パーシャルLDPC符号化 / ダブルグレイマッピング / PAPR / 位相雑音 / / /  
(英) Circular QAM constellation / Partial LDPC coding / Double Gray mapping / PAPR / Phase noise / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-68, pp. 195-200, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-68 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相雑音に対して耐性のある高次Circular QAM信号空間配置のPAPR特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PAPR Performance of High-Order Circular QAM Constellation With Phase Noise Robustness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) circular QAM / Circular QAM constellation  
キーワード(2)(和/英) パーシャルLDPC符号化 / Partial LDPC coding  
キーワード(3)(和/英) ダブルグレイマッピング / Double Gray mapping  
キーワード(4)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(5)(和/英) 位相雑音 / Phase noise  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 美有 / Miyu Nakabayashi / ナカバヤシ ミユウ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 斌 / Bin Zheng / テイ ヒン
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 典史 / Norifumi Kamiya / カミヤ ノリフミ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 10:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-68 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.195-200 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会