電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 09:40
高次モーメントに基づいたトレリスシェイピングによるOFDM信号のピーク電力低減の検討
瀧澤 峻落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) トレリスシェイピング(TS)は符号語の付加により送信シンボルを制御することで,OFDM信号のピーク電力を低減する.これまでにTSの符号語探索のメトリックとして,時間領域信号の最大電力および周波数領域信号の自己相関関数に基づくモデルが提案されている.
本稿ではOFDM信号の高次モーメントに基づくメトリックを新たに提案し,従来メトリックと比較して計算量は増加するが,PAPR低減能力,非線形増幅時のBER,および電力増幅効率の面で良好な特性を達成できることを示す. 
(英) Trellis shaping (TS) controls transmit symbols by adding a codeword to them
so as to reduce the PAPR of transmit signals.
So far, two types of metrics have been proposed for TS:
time domain (TD) metric and frequency domain (FD) metric.
In this paper, we propose a new metric based on high-order moments in time
domain, and show that it can achieve remarkable performance in terms of
PAPR reduction, power amplifier (PA) efficiency and bit error rate (BER) over nonlinear channels in return for its increasing complexity.
キーワード (和) OFDM / PAPR / トレリスシェイピング / 高次モーメント / 電力増幅率 / / /  
(英) OFDM / PAPR / trellis shaping / high-order moments / PA efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-64, pp. 173-178, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-64 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次モーメントに基づいたトレリスシェイピングによるOFDM信号のピーク電力低減の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PAPR Reduction of OFDM with Trellis Shaping based on High-Order Moments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(3)(和/英) トレリスシェイピング / trellis shaping  
キーワード(4)(和/英) 高次モーメント / high-order moments  
キーワード(5)(和/英) 電力増幅率 / PA efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧澤 峻 / Shun Takizawa / タキザワ シュン
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 09:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-64 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会