電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 16:05
衛星搭載用スペクトラム拡散通信方式対応受信機の開発
中台光洋加藤智隼谷島正信JAXA)・岡田英人大竹正信榊原千洋NEC Space
抄録 (和) スペクトラム通信方式は通信路上で混入する干渉波を拡散処理によって抑圧することで安定した通信品質が得られる通信方式であるが,衛星通信路ではドップラー効果の影響を大きく受けることからその利用範囲は限定的であった.本論文では,衛星の軌道遷移によるドップラー効果の影響と,衛星打上げ直後からスペクトラム拡散通信方式の利用する際に求められる性能について述べる.また広帯域にわたり高速な信号捕捉を可能とする受信機の構成について提案するとともに,本提案によって干渉波と希望波の比が17dB以上(干渉波電力が希望波の50倍以上)の条件であっても,通信可能であることを解析および実測の結果を用いて示す. 
(英) Although the spread spectrum achieves stable communication by suppressing interferer by spreading process, since the satellite channel is affected by the Doppler effect, the usable situation is limited. In this paper, we describe the influence of the Doppler effect to acquisition and tracking during orbit transfer to GEO, and the achievable performance of spread spectrum. We propose a receiver design that enables fast signal acquisition over a wideband under strong interferer. This paper provide the result that our receiver design achieves the immunity against 17 dB of interferers with less than 5 seconds of acquisition time.
キーワード (和) 衛星通信 / コマンド受信機 / スペクトラム拡散方式 / ドップラー効果 / / / /  
(英) Satellite communication / Command receiver / Spread spectrum / Doppler effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 105, SANE2018-20, pp. 39-44, 2018年6月.
資料番号 SANE2018-20 
発行日 2018-06-15 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-06-22 - 2018-06-22 
開催地(和) JAXAつくば宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 衛星技術, 宇宙科学・応用, 及び一般 
テーマ(英) Space applications symposium, Mission for Space Science, Satellite technology and General issue 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星搭載用スペクトラム拡散通信方式対応受信機の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of spread spectrum command receiver for space use 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communication  
キーワード(2)(和/英) コマンド受信機 / Command receiver  
キーワード(3)(和/英) スペクトラム拡散方式 / Spread spectrum  
キーワード(4)(和/英) ドップラー効果 / Doppler effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中台 光洋 / Mitsuhiro Nakadai / ナカダイ ミツヒロ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智隼 / Chihaya Kato / カトウ チヤハ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷島 正信 / Masanobu Yajima / ヤジマ マサノブ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 英人 / Hideto Okada / オカダ ヒデト
第4著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NEC Space)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 正信 / Masanobu Ohtake / オオタケ マサノブ
第5著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NEC Space)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 千洋 / Chihiro Sakakibara / サカキバラ チヒロ
第6著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NEC Space)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-20 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.105 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2018-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会