電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 11:30
IoT用プリアンブル内周波数ホッピングを適用した狭帯域ランダムアクセスチャネルの受信タイミング検出確率特性
森 航太佐和橋 衛東京都市大
抄録 (和) 本稿では,IoT用のプリアンブル内周波数ホッピング(FH: Frequency Hopping)を適用した狭帯域ランダムアクセスチャネル(RACH: Random Access Channel)送信法を提案する.計算機シミュレーションにより,シングルユーザ環境において,受信ダイバーシチ無しのとき,平均受信SNRが約0 dB以上の領域において, プリアンブル内FHを用いることにより狭帯域RACHの正しい受信タイミング検出確率をFH無しの場合に比較して約6 - 16 %改善できることを示す.また,受信ダイバーシチを用いた場合においても,プリアンブル内FHを用いた狭帯域RACHは,正しい受信タイミング検出確率をFH無しの場合に比較して最大で10%程度改善できることを示す.結果として,平均受信SNRが0 dB程度以上の動作領域においては,プリアンブル内FHの適用が狭帯域RACHの受信タイミング検出確率の向上に有効であることを示す. 
(英) This paper proposes intra-preamble frequency hopping (FH) for narrowband random access channel (RACH) aiming at improving the detection probability of the correct received timing in multipath fading channel. In the proposed scheme, the preamble signature is segmented into two parts, and the former and latter parts of the preamble signature are assigned to different physical resource blocks that are apart in frequency domain. Computer simulation results show that the proposed intra-preamble FH improves narrowband RACH detection probability by approximately 6 – 16 % compared to the conventional narrowband RACH transmission without FH for one-antenna reception. We also show when using receive diversity, the intra-preamble FH improves the narrowband RACH detection probability by approximately 10 % compared to the case without FH. Finally, we show that the intra-preamble FH improves the narrowband RACH detection probability when the number of simultaneous users is less than 10 in multiuser environment.
キーワード (和) ランダムアクセスチャネル / 周波数ホッピング / プリアンブルシグネチャ / 周波数ダイバーシチ / / / /  
(英) Random access channel / Frequency hopping / Preamble signature / Frequency diversity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-74, pp. 231-236, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-74 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT用プリアンブル内周波数ホッピングを適用した狭帯域ランダムアクセスチャネルの受信タイミング検出確率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection Probability of Narrowband Random Access Channel Using Intra-preamble Frequency Hopping for IoT Radio Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムアクセスチャネル / Random access channel  
キーワード(2)(和/英) 周波数ホッピング / Frequency hopping  
キーワード(3)(和/英) プリアンブルシグネチャ / Preamble signature  
キーワード(4)(和/英) 周波数ダイバーシチ / Frequency diversity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 航太 / Kota Mori / モリ コウタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 11:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-74 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.231-236 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会