電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-22 10:40
異なる伝搬環境におけるOAMモード多重伝送の特性比較
山本綾乃西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 軌道角運動量(Orbital Angular Momentum: OAM)とは偏波に依存しない電磁波がもつ角運動量であり,OAMをもつ電磁波はらせん波となる.異なるらせんの回転数に応じてモードが定義され,異なるモードは互いに直交する.近年,ミリ波技術が成熟したことや,更なる高速大容量伝送の実現が求められていることから,いままで使われてこなかったOAM の直交性を用いた新たな空間多重伝送方式が注目を集めている.しかし実用化に向けてまだ解決しなければならない問題が存在し,その一つが伝搬に伴うビームの広がりである.本稿では,見通し環境において伝搬距離や送受信アンテナアレーの半径を変化させ,距離減衰や大地反射波を考慮した時の特性を評価した.その結果,送信アンテナアレーの半径を大きくするほどビームの広がりを抑制することができること,送信アンテナアレーの半径と送受信間距離に応じた最適な受信アンテナアレーの半径が存在することがわかった. 
(英) Orbital angular momentum (OAM) is a physical quantity of an electromagnetic wave that is independent of polarization, and the electromagnetic wave having OAM becomes a helical wave. Modes can be defined according to the number of turns of helix, and the different modes are mutually orthogonal. In recent years, with growth of the millimeter wave technology and demands for further high-speed large capacity transmission, a new spatial multiplexing transmission scheme using the orthogonality of OAM has attracted attention. However, there are still problems to be solved for a practical use, one of which is the spread of the helical beam accampanying with the increase of propagation distances. In this paper, the characteristics considering the distance attenuation and/or the ground reflected wave are evaluated for various condition on the distance between the transmitter and the receiver and the radius of the transmit and/or receive antenna array in the line-of-sight environment.
As the results, it has been shown that spreading of the helical beam can be suppressed by setting the radius of the transmit antenna array larger, and that the optimum radius of the receive antenna array exists depending on the radius of the transmit antenna array and the distance between the transmitter and the receiver.
キーワード (和) 軌道角運動量(OAM)モード多重伝送 / 等間隔円アレー(UCA) / 空間多重 / 大地反射 / / / /  
(英) Orbital Angular Momentum (OAM) Mode Multiplexing Transmission / Uniform Circular Array / Spatial Multiplexing / Ground Reflection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-69, pp. 201-206, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-69 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる伝搬環境におけるOAMモード多重伝送の特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of OAM Based Mode Division Multiplexing Transmission in Different Propagation Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 軌道角運動量(OAM)モード多重伝送 / Orbital Angular Momentum (OAM) Mode Multiplexing Transmission  
キーワード(2)(和/英) 等間隔円アレー(UCA) / Uniform Circular Array  
キーワード(3)(和/英) 空間多重 / Spatial Multiplexing  
キーワード(4)(和/英) 大地反射 / Ground Reflection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 綾乃 / Ayano Yamamoto / ヤマモト アヤノ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 旦代 智哉 / Tomoya Tandai / タンダイ トモヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 大輔 / Daisuke Uchida / ウチダ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-22 10:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-69 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会