電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-20 14:10
地上/UAV周波数共用携帯電話システムにおける符号分割多重を用いた性能改善に関する検討
長谷川 遼岡本英二名工大)・辻 宏之三浦 周NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地上局の存在しない山間部や災害時における通信手段として,無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle: UAV)の活用が期待されている.しかし,既存の全ての携帯電話が通信を行うことを想定すると,地上系とUAV系の両システムで同一の周波数帯を使用することが必須となる.そのため,ユーザがUAV系との通信を行う際には地上系の信号が干渉となり,通信品質の劣化を招くことになる.そこで本稿では地上/UAV周波数共用携帯電話システムの下りリンク伝送に符号分割多重(Code Division Multiplexing: CDM)を用いることにより,通信の品質を向上させる手法を提案する.また実環境に即したセルモデルでのシミュレーションを想定する為,地上局が生存しているエリアと停止しているエリアを明確に分割せず,生存している地上局をランダムに配置したモデルを使用する.そして計算機シミュレーションによりビット誤り率を算出し提案手法の伝送特性を明らかにする. 
(英) Unmanned Aerial Vehicle (UAV) is expected to play a role of substitution for cellular base station in mountainous region without base stations or in a natural disaster case. To communicate with mobile phones, it is necessary to share the same frequency band between the terrestrial system and UAV system. Then, the signals from both base stations become interference each other, and the link quality is deteriorated. Therefore, we propose an application of coding division multiplexing for UAV downlink in the terrestrial/UAV integrated mobile communications system to improve the transmission performance. To evaluate the performance in a practical environment, we also consider a cell model in which active terrestrial base stations are partially recovered in the target UAV cell area, and the bit error rate performances are numerically calculated in the cell model.
キーワード (和) 無人航空機 / 移動体通信 / 干渉 / 符号分割多重 / 下りリンク / / /  
(英) UAV / mobile communications system / interference / code division multiplexing / downlink / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 101, RCS2018-39, pp. 25-30, 2018年6月.
資料番号 RCS2018-39 
発行日 2018-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-22 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki University 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上/UAV周波数共用携帯電話システムにおける符号分割多重を用いた性能改善に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Terrestrial/UAV Integrated Mobile Communications System using Code Division Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無人航空機 / UAV  
キーワード(2)(和/英) 移動体通信 / mobile communications system  
キーワード(3)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(4)(和/英) 符号分割多重 / code division multiplexing  
キーワード(5)(和/英) 下りリンク / downlink  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 遼 / Ryo Hsegawa / ハセガワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Techonology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Techonology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 宏之 / Hiroyuki Tsuji / ツジ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communicaton Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communicaton Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-20 14:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-39 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会