電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 16:00
日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討
檜作孟志平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大MVE2018-10
抄録 (和) 近年,高齢化が進み認知症予防の需要が高まっている.認知症予防手法の1つとして認知課題を解く認知トレーニングが行われている.そこで,本研究では高齢者が日常生活で用いる認知機能の訓練を実現するために,日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法について検討した.この課題は,同一組の5つの物体が表示された2枚の画像を時間間隔を空けて提示し,1つだけ回転した物体を検知するものである.実験により,回転対象が他の物体から孤立した配置方法を採った場合に正答率が高く,変化前後の見え方が類似するような回転量の場合に正答率が低いことが分かった.これらの物体間の位置関係や回転前後の見え方の類似性を手がかりに難易度を調節できる可能性が示唆された. 
(英) Demand for dementia prevention has been increasing in recent years. Cognitive training is being carried out to improve cognitive function as one of dementia prevention methods. In order to realize the training of cognitive functions for elderly people required in daily life, this study examined the difficulty control method for change detection task using everyday object images. This task presents a subject five everyday objects on a display and asks him/her to detect an object rotated after a timeinterval. From the experimental results, it was found that the correct answer rate is high when the appearances of the object before and after rotation are similar,whereas the correct answer rate is low when the rotated object is spatially isolated from the other objects. It was suggested that the difficulty level could be adjusted by the positional relationship between these objects and the visual similarity before and after rotation.
キーワード (和) 変化検出課題 / 日常物体画像 / 視覚的文脈 / / / / /  
(英) Change detection task / everyday object image / visual context / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 95, MVE2018-10, pp. 167-172, 2018年6月.
資料番号 MVE2018-10 
発行日 2018-06-07 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2018-10

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(ITE-HI, 情報処理学会EC研, 情報処理学会HCI研, ヒューマンインタフェース学会SIGDeMO, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of difficulty control method in change detection task using everyday object images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変化検出課題 / Change detection task  
キーワード(2)(和/英) 日常物体画像 / everyday object image  
キーワード(3)(和/英) 視覚的文脈 / visual context  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 檜作 孟志 / Takeshi Hizukuri / ヒヅクリ タケシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎堀 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2018-10 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.95 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会