電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 14:40
Using action recognition to boost an agent's interactivity -- Virtual agent’s Presence and responsiveness in the real world --
Tarek BenhniniTaichi SonoMichita ImaiKeio Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) While most agents achieve naturalness while interacting with a user through speech recognition techniques alone, action recognition is also a key element to achieve more believable behaviour for the agent. In this study we use action recognition to improve the responsiveness of the agent during interaction. The facial expression of the agent, along with it's voice tone, is controlled by an action recognition module using a kinect device. Thus it enables the agent to show emotional response depending on the user's actions.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) virtual / agent / social / action / recognition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 94, CNR2018-10, pp. 47-49, 2018年6月.
資料番号 CNR2018-10 
発行日 2018-06-07 (CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CNR  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(東京) 
開催地(英)  
テーマ(和) ソーシャルに振る舞うロボットと人とのインタラクション,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CNR 
会議コード 2018-06-CNR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Using action recognition to boost an agent's interactivity 
サブタイトル(英) Virtual agent’s Presence and responsiveness in the real world 
キーワード(1)(和/英) / virtual  
キーワード(2)(和/英) / agent  
キーワード(3)(和/英) / social  
キーワード(4)(和/英) / action  
キーワード(5)(和/英) / recognition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ベニニ タリク / Tarek Benhnini /
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岨野 太一 / Taichi Sono / ソノ タイチ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 倫太 / Michita Imai / イマイ ミチタ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CNR 
資料番号 IEICE-CNR2018-10 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.94 
ページ範囲 pp.47-49 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-CNR-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会