電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 09:00
包含関係に限定したルールリスト再構築
原田崇司田中 賢神奈川大)・三河賢治新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) パケットフィルタリングはフィルタリングポリシーを表すルールリストを線型探索することによって行わ れる.パケットとフィルタリングルールの比較回数が増加するとフィルタリングを行う際に通信の遅延が生じる.こ れより,フィルタリングによる遅延を最小化するルールの順序を求める最適化問題が研究されており,この最適化問題は NP 困難である [1].けれども,ルール間の先行制約が根付木となる場合,この問題は多項式時間で解くことがで きるので,この特徴を利用したルールリスト再構築法を提案した [2].この性質を利用すれば,既存手法の中で平均的 に良いアルゴリズムである SGM [3] よりも遅延を減らすことができるが.そこではルールのアクションを考慮してい ない.本稿ではルールのアクションを考慮したモデルに対応するルールリスト再構築法を提案する. 
(英) Packet filtering is achieved by linear search of the rule list denoting a filtering policy. The increase in the number of filtering rules causes a latency. Thus various methods for an optimization problem whose output is the order such that the filtering latency is minimum have been developed. Although optimization problem is NP–hard[1], if the graph of its precedence relations is an oriented tree, the problem is solvable in a polynomial time. We proposed a rule reconstruction method based on this characteristic[2]. The performance of the method overwhelms that of the Sub Graph Merging (SGM) [3] which is the state of the art algorithm of rule reordering. Since our proposed method focus on a model which omits an action of the rule, in this paper, we propose a rule reconstruction algorithm in consideration of rule actions.
キーワード (和) パケットフィルタリング / ルール順序最適化 / ルールリスト最適化 / ルールリスト再構築 / / / /  
(英) packet filtering / optimal rule ordering / optimization of rule list / rule reconstruction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 82, CAS2018-18, pp. 93-98, 2018年6月.
資料番号 CAS2018-18 
発行日 2018-06-07 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Frontier Research in Applied Sciences Build.) 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System and Signal Processing, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2018-06-CAS-SIP-MSS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 包含関係に限定したルールリスト再構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Packet Filter Reconstruction by rules encapsulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パケットフィルタリング / packet filtering  
キーワード(2)(和/英) ルール順序最適化 / optimal rule ordering  
キーワード(3)(和/英) ルールリスト最適化 / optimization of rule list  
キーワード(4)(和/英) ルールリスト再構築 / rule reconstruction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 崇司 / Takashi Harada / ハラダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 賢 / Ken Tanaka / タナカ ケン
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三河 賢治 / Kenji Mikawa / ミカワ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2018-18,IEICE-VLD2018-21,IEICE-SIP2018-38,IEICE-MSS2018-18 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.82(CAS), no.83(VLD), no.84(SIP), no.85(MSS) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2018-06-07,IEICE-VLD-2018-06-07,IEICE-SIP-2018-06-07,IEICE-MSS-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会