電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 10:25
利己的ルーティングにおけるネットワーク構造に基づいた各辺の課税額決定法
松井義樹金澤尚史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークを利用する各プレイヤーが,自身の遅延を小さくしようと利己的に経路を選ぶことを利己的ルーティングという.利己的ルーティングにおいては,各プレイヤーの経路選択によって,社会全体の平均遅延を最小にするフロー(最小遅延フロー)をはじめとする目標フローが実現されるとは限らない.そこで,目標フローを実現するためにネットワークを利用するプレイヤーを各経路(各パス)または各辺への課税により制御する手法が提案されている.しかし,各パスへ課税する手法は,すべてのプレイヤーとその選択するパスを区別する必要があり,実現が困難である.一方,各辺へ課税する手法は,各辺において通過するすべてのプレイヤーに区別なく課税することで実現することができる.しかしながら,既存の手法では制約が強く,一般のネットワークに対して任意の目標フローを実現する手法はまだ提案されていない.そこで,本稿では,一般のネットワークにおいて各辺への課税により任意の目標フローを実現する制御手法を提案し,その実現可能条件を明らかにする. 
(英) A selfish routing is a model of selfish players in networks. Each player tries to select a path that minimizes his travel time to a destination. In selfish routing games, a target flow such as the minimum latency flow that minimizes the average travel time is not always realized. In order to control the behaviors of players, several path or edge taxation methods have been introduced. For the implementation of such path taxation methods, all players and their selected paths have to be distinguished. In contrast, the edge taxation methods can be implemented on each edge by imposing the same tax on all players who use the edge. However, the existing edge taxation methods are too restrictive for general networks to realize any target flow. In this paper, we introduce an edge taxation method of realizing any target flow, and show an existence condition of the tax on edges.
キーワード (和) 利己的ルーティング / 集団ゲーム / 税による制御 / 全域木 / 基本閉路行列 / / /  
(英) Selfish routing / population game / tax-based control / spanning tree / fundamental circuit matrix / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 85, MSS2018-22, pp. 115-118, 2018年6月.
資料番号 MSS2018-22 
発行日 2018-06-07 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Frontier Research in Applied Sciences Build.) 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System and Signal Processing, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-06-CAS-SIP-MSS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利己的ルーティングにおけるネットワーク構造に基づいた各辺の課税額決定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Edge Taxation Method of Selfish Routing Games Based on Network Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 利己的ルーティング / Selfish routing  
キーワード(2)(和/英) 集団ゲーム / population game  
キーワード(3)(和/英) 税による制御 / tax-based control  
キーワード(4)(和/英) 全域木 / spanning tree  
キーワード(5)(和/英) 基本閉路行列 / fundamental circuit matrix  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 義樹 / Yoshiiki Matsui / マツイ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 尚史 / Takafumi Kanazawa / カナザワ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 10:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2018-22,IEICE-VLD2018-25,IEICE-SIP2018-42,IEICE-MSS2018-22 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.82(CAS), no.83(VLD), no.84(SIP), no.85(MSS) 
ページ範囲 pp.115-118 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2018-06-07,IEICE-VLD-2018-06-07,IEICE-SIP-2018-06-07,IEICE-MSS-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会