電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 14:00
踏切交通量に基づいた踏切・列車群制御手法の一検討
厚田和也熊澤一将北野隆康岩田浩司鉄道総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 踏切の制御手法についてはこれまで,列車の走行制御による踏切警報時間の短縮手法が提案されてきたが,列車運行への影響については十分に検討されていなかった.本研究では,運行管理と信号保安を融合した列車制御システムを適用し,複数踏切と複数列車を制御することで,効率的な警報時間の調整と列車運行への影響を評価できる「踏切・列車群制御手法」の検討を実施した.本稿では,道路交通量に基づく踏切の選定方法ならびに,警報時間の短縮等を目的とした列車の走行制御について述べる.提案手法の適用による警報時間の短縮効果と道路交通流への影響について,単一踏切を対象とした検討結果を報告する. 
(英) In the level crossing where both the number of trains and the road traffic volume are large, traffic congestion becomes a problem. In the past, there were several methods to shorten the warning time of the level crossing by train speed control in order to alleviate the traffic congestion. However, there were no methods for controlling multiple level crossings and multiple trains. In this research, we propose a method to adjust the warning time of the level crossing by train speed control, aiming at the control of the multiple level crossings and the multiple trains. By this method, traffic congestion at the level crossings will be alleviated.
キーワード (和) 踏切制御 / 警報時間短縮 / 列車走行制御 / / / / /  
(英) Level crossing control / Reduction of warning time / Train speed control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 96, R2018-7, pp. 1-6, 2018年6月.
資料番号 R2018-7 
発行日 2018-06-08 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-06-15 - 2018-06-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 信頼性一般 
テーマ(英) Overall reliability engieering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 踏切交通量に基づいた踏切・列車群制御手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on a control method of multiple level crossings and multiple trains based on the road traffic volume 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 踏切制御 / Level crossing control  
キーワード(2)(和/英) 警報時間短縮 / Reduction of warning time  
キーワード(3)(和/英) 列車走行制御 / Train speed control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 厚田 和也 / Kazuya Atsuta / アツタ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 公益財団法人鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊澤 一将 / Kazumasa Kumazawa / クマザワ カズマサ
第2著者 所属(和/英) 公益財団法人鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北野 隆康 / Takayasu Kitano / キタノ タカヤス
第3著者 所属(和/英) 公益財団法人鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 浩司 / Koji Iwata / イワタ コウジ
第4著者 所属(和/英) 公益財団法人鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-7 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2018-06-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会