電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 16:20
全天周画像群による実写VR空間の高品位化手法に関する研究
大橋 敢水口直哉鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大
抄録 (和) 博物館では,全天周画像を用いたデジタルアーカイブデータをVR展示することで,対象への理解を深める試みがなされている.しかしながら,重要文化財などの展示物では展示物の保存の観点から強い照明を用いることができない.その上,展示物の破損を防ぐために撮影する位置が限定される.このような撮影条件のもと撮影した展示物のデジタルアーカイブデータでは十分な輝度と解像度を得ることができず,そのデータを用いたVR展示ではユーザに臨場感,実物感を感じさせることが困難になる.そのデジタルアーカイブデータを使ったVR展示で臨場感,実物感を伝えることができるように,高品位化手法として輝度と解像度を向上させ,明るくはっきり見せる必要がある.そこで,本研究ではデジタルアーカイブデータとして撮影された全天周画像群を用いて,目標の全天周画像中の改善したい領域をそれ以外の全天周画像から抽出した領域で置換する手法を提案した.また,提案手法を施した全天周画像と高画質画像との類似度を図ることで,この提案手法で高品位化が実現したことを示す. 
(英) Museums have attempted to enhance audience understanding of museum exhibitions via virtual reality (VR) experiences using 360-degree images as digital archives. However, exhibitions of objects may easily be harmed by strong light, and archiving such exhibitions with strong light is prohibited due to conservation requirements. In addition, the access to archives is restricted to prevent damage to collections. Thus, archived images typically are not bright or clear enough for audiences to feel as if they are actually present when viewing exhibitions via VR. Thus, we attempt to improve the resolution and luminance of such images. We propose a composition method that utilizes consecutive 360-degree images. In addition, we verify the improvement by comparing images generated with our method to high-resolution images.
キーワード (和) 実写VR / 全天周画像 / 高品位化 / デジタルミュージアム / / / /  
(英) Photorealistic VR / 360-Degree Image / High Quality / Digital Museum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 95, MVE2018-11, pp. 173-178, 2018年6月.
資料番号 MVE2018-11 
発行日 2018-06-07 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(ITE-HI, 情報処理学会EC研, 情報処理学会HCI研, ヒューマンインタフェース学会SIGDeMO, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全天周画像群による実写VR空間の高品位化手法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quality Improvement of Photorealistic VR for Digital Exhibitions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 実写VR / Photorealistic VR  
キーワード(2)(和/英) 全天周画像 / 360-Degree Image  
キーワード(3)(和/英) 高品位化 / High Quality  
キーワード(4)(和/英) デジタルミュージアム / Digital Museum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 敢 / Isamu Ohashi /
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水口 直哉 / Naoya Mizuguchi /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa /
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose /
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2018-11 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.95 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会