電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 14:20
リチウムイオン蓄電池モジュールの使用状態での劣化診断の一手法
有馬理仁林 磊福井正博立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電力エネルギーの有効活用にむけ, リチウムイオン蓄電池を分散連携運用するバッテリーアグリゲーションが検討されている. リチウムイオン蓄電池の経時的劣化による充放電エネルギー変化は運用経済性低下につながるので, 劣化診断による充放電エネルギー予測で蓄電池の経済性を可視化する必要がある. 著者らはリチウムイオン蓄電池の劣化のパラメータとして満充電容量・開放端電圧・インピーダンスに着目した. そしてリチウムイオン蓄電池の充放電データに含まれる, これらパラメータのモデル関数を推定して劣化診断するための指標を解明した. 本手法はバッテリーマネジメントシステムによる簡便な劣化診断につながる. 
(英) The battery aggregation is studied for effective use of energy by operating the distributed lithium-ion batteries. Because the temporally change of charge–discharge energy of lithium-ion batteries caused by degradation leads to the low economic efficiency of the operation, the monitoring of the economic efficiency of lithium-ion battery by degradation diagnosis is needed. We focused on the full-charge capacity, open-circuit voltage, impedance as the parameters of degradation of lithium-ion battery. And we investigated the indicator for degradation diagnosis by estimating the model functions of these parameters that was included in the charge–discharge data. This method is leads to the convenient degradation diagnosis by battery-management systems.
キーワード (和) リチウムイオン蓄電池 / 充放電曲線 / 劣化診断 / バッテリーアグリゲーション / 経済性 / / /  
(英) Lithium-ion battery / Charge-discharge curve / Degradation diagnosis / Battery aggregation / Economic efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 82, CAS2018-27, pp. 137-142, 2018年6月.
資料番号 CAS2018-27 
発行日 2018-06-07 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Frontier Research in Applied Sciences Build.) 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System and Signal Processing, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2018-06-CAS-SIP-MSS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リチウムイオン蓄電池モジュールの使用状態での劣化診断の一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of the Degradation Diagnosis by the Using State of Lithium-ion Battery Modules. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リチウムイオン蓄電池 / Lithium-ion battery  
キーワード(2)(和/英) 充放電曲線 / Charge-discharge curve  
キーワード(3)(和/英) 劣化診断 / Degradation diagnosis  
キーワード(4)(和/英) バッテリーアグリゲーション / Battery aggregation  
キーワード(5)(和/英) 経済性 / Economic efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 理仁 / Masahito Arima / アリマ マサヒト
第1著者 所属(和/英) 立命館大学/大和製罐株式会社 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University/Daiwa Can Company (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 磊 / Lei Lin / リン ライ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 正博 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-15 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2018-27,IEICE-VLD2018-30,IEICE-SIP2018-47,IEICE-MSS2018-27 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.82(CAS), no.83(VLD), no.84(SIP), no.85(MSS) 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2018-06-07,IEICE-VLD-2018-06-07,IEICE-SIP-2018-06-07,IEICE-MSS-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会