電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-14 13:20
キネティックテレプレゼンスMMSpace:小規模グループ対グループ遠隔会話場の構成と非言語行動解析
大塚和弘NTTMVE2018-2
抄録 (和) 複数人-対-複数人の遠隔会話を対象とした「キネティック・テレプレゼンスシステムMMSpace 」を提案する.MMSpace は,対面会話の場を模した双方向・対称形の遠隔会話場の構成,及び,そこでの人物行動解析を介したシステム評価とコミュニケーション理論の深化を射程とした研究プラットフォームである.複数のキネティック・アバタから構成され,各アバタは,遠隔参加者の顔画像を投影する平面パネル,及び,その位置・姿勢を動的に変化させるためのアクチュエータ群からなり,人物の頭部運動と連動してパネルの位置・姿勢が自動的かつ低遅延で制御される.これにより頷きや首振り,前傾・後傾など様々な身体動作が表現可能である.この機械的運動の重畳により,遠隔地間において会話参加者が交わす非言語情報が補強され,対面状況により近い会話場が再現されるものと期待する.また,視線一致カメラ配置と動的カメラ切替によって,任意の参加者間において擬似的な相互凝視(アイコンタクト)を可能とする仕組みも特徴である.2人-対-2人の遠隔会話実験において,機械的運動の有り無しの二条件を比較し,機械的運動がもたらす効果を検証した結果,会話参加者の印象評定から,視線や相互凝視,ジェスチャなどの非言語行動の知覚,親近感,相互理解などにおいて,有意な正の効果が確認された.また,客観的な非言語行動分析の結果,平均注視時間の増加,視線遷移時間の減少,頭部ジェスチャの表出量・共起率の増加などの効果が確認された.これらの観点において,提案システムにて導入された機械的運動によって,非言語行動が対面状況により近くなり,遠隔地間の非言語コミュニケーションが促進されることが明らかになった. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 遠隔コミュニケーション / 遠隔会議 / テレプレゼンス / 非言語行動 / 視線 / 相互凝視 / 頭部運動 /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 95, MVE2018-2, pp. 27-32, 2018年6月.
資料番号 MVE2018-2 
発行日 2018-06-07 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2018-2

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(ITE-HI, 情報処理学会EC研, 情報処理学会HCI研, ヒューマンインタフェース学会SIGDeMO, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キネティックテレプレゼンスMMSpace:小規模グループ対グループ遠隔会話場の構成と非言語行動解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MMSpace: Kinetic Telepresence System for Enhancing Nonverbal Communications in Small Group-to-group Settings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔コミュニケーション /  
キーワード(2)(和/英) 遠隔会議 /  
キーワード(3)(和/英) テレプレゼンス /  
キーワード(4)(和/英) 非言語行動 /  
キーワード(5)(和/英) 視線 /  
キーワード(6)(和/英) 相互凝視 /  
キーワード(7)(和/英) 頭部運動 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和弘 / Kazuhiro Otsuka / オオツカ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-14 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2018-2 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.95 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2018-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会