電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-08 10:10
カオス尺度とKSエントロピーの関係についての考察
奥富秀俊東芝情報システムNLP2018-30 CCS2018-3
抄録 (和) カオス尺度は与えられたデータに潜むカオス性の定量化手法として提案されている.
カオス尺度はデータから直接的に計算できるという特徴がある.
よって,リアルタイムデータ分析分野においては,カオス尺度はリアプノフ指数やKSエントロピーの推定よりも使いやすい.
著者らは,先行研究において,カオス尺度とリアプノフ指数の数理的関係性を示した.
本稿では,カオス尺度とKSエントロピーが一致する場合を示しながら,カオス尺度とKSエントロピーの違いを明らかにする. 
(英) Chaos Degree is proposed as a method to measure the chaotic property included in the data.
CD is directly calculated from the data even if the dynamical system, which generates the data, is unknown.
Therefore, for real time data analysis, CD is more useful than the estimation of Lyapunov Exponent or KS Entropy.
Authors showed the mathematical relations between CD and Lyapunov Exponent in our previous studies.
This paper shows the case that CD equals to KS Entropy on the one-dimensional chaotic map. And discloses the difference of them.
キーワード (和) カオス尺度 / KSエントロピー / 条件付きエントロピー / / / / /  
(英) Chaos Degree / KS Entropy / Conditional Entropy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 76, CCS2018-3, pp. 13-17, 2018年6月.
資料番号 CCS2018-3 
発行日 2018-06-01 (NLP, CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2018-30 CCS2018-3

研究会情報
研究会 NLP CCS  
開催期間 2018-06-08 - 2018-06-10 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 同期,ネットワーク,一般 
テーマ(英) Synchronization, Networks, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2018-06-NLP-CCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス尺度とKSエントロピーの関係についての考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Relationship Between Chaos Degree and Kolmogorov-Sinai Entropy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス尺度 / Chaos Degree  
キーワード(2)(和/英) KSエントロピー / KS Entropy  
キーワード(3)(和/英) 条件付きエントロピー / Conditional Entropy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥富 秀俊 / Hidetoshi Okutomi / オクトミ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) 東芝情報システム株式会社 (略称: 東芝情報システム)
Toshiba Information Systems Japan Corporation (略称: Toshiba Information Systems)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-08 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CCS 
資料番号 IEICE-NLP2018-30,IEICE-CCS2018-3 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.75(NLP), no.76(CCS) 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2018-06-01,IEICE-CCS-2018-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会