お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-05 10:20
大規模超伝導ナノワイヤ単一光子検出器イメージングアレイの開発
藪野正裕宮嶋茂之NICT)・三木茂人NICT/神戸大)・寺井弘高NICT
抄録 (和) 近年、3D-LiDARなどへの応用を念頭に超伝導ナノワイヤ単一光子検出器(SSPD)を多数配列したSSPDイメージングアレイが高時間分解能で光子の位置検出が可能な光検出デバイスとして注目されている。SSPDイメージングアレイは、光子の2次元空間上での同時検出や分光検出などへの応用が可能なため、光量子情報科学の研究においても有用なデバイスになると期待される。SSPDイメージングアレイの大規模ピクセル化には読み出し多重化技術の開発が重要な課題である。我々はRow-column読み出し型SSPDアレイと単一磁束量子(SFQ)超伝導デジタル回路による信号処理という2つの多重化技術を組み合わせた大規模SSPDイメージングアレイの開発を進めている。本稿では、大規模ピクセル化に先駆けて行った、Row-column読み出し型16ピクセルSSPDアレイの作製と動作実証、及びSFQ回路を用いた信号読み出しの実証実験の結果について報告する。 
(英) Superconducting nanowire single-photon detector (SSPD) imaging array is attracting attention as a single photon camera with high detection timing resolution. The SSPD imaging array can be applied to coincidence detection of photons in a two-dimensional plane and spectroscopic detection of photons. Therefore, it is expected to be a useful tool in the study of optical quantum information science. Development of readout multiplexing technology is an important subject to realize the large-scale SSPD imaging array. We are developing a large-scale SSPD imaging array with two multiplexing technologies: row-column readout type SSPD array and signal processing by using single flux quantum (SFQ) superconducting digital circuit. In this article, we report the fabrication and operation demonstration of the row-column readout type 16 pixel SSPD array and results of signal readout experiments using the SFQ circuit.
キーワード (和) 超伝導ナノワイヤ単一光子検出器 / イメージングアレイ / / / / / /  
(英) SSPD / Imaging array / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2018-06-04 - 2018-06-05 
開催地(和) 広島国際会議場 小会議室ラン 
開催地(英) ICCH Ran 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2018-06-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模超伝導ナノワイヤ単一光子検出器イメージングアレイの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a large-scale superconducting nanowire single-photon detector imaging array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超伝導ナノワイヤ単一光子検出器 / SSPD  
キーワード(2)(和/英) イメージングアレイ / Imaging array  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藪野 正裕 / Masahiro Yabuno / ヤブノ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 茂之 / Shigeyuki Miyajima / ミヤジマ シゲユキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 茂人 / Shigehito Miki / ミキ シゲヒト
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/神戸大学 (略称: NICT/神戸大)
National Institute of Information and Communications Technology/Kobe University (略称: NICT/Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 弘高 / Hirotaka Terai / テライ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-05 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会