お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-31 16:40
[招待講演]ブラインド型アダプティブアレーによる干渉抑圧:アルゴリズムの特性比較と周波数共用への応用について
丸田一輝千葉大)・西森健太郎新潟大)・安 昌俊千葉大CQ2018-22
抄録 (和) 周波数資源の逼迫に伴い,高周波数化への移行とともに単一周波数におけるスモールセル展開及び多元接続の多ユーザ化が進むことが予想される.加えて異なるシステム同士が同一周波数帯を共用する動きも進みつつある.特定の送受信対間においてMIMO信号処理により複数の干渉を抑圧することは可能であるが,他セル及び他システムにおける送信源からの干渉は通信性能を劣化させる主要な要因となることが考えられ,対策が必要である.本検討では,チャネル情報の推定が不要なブラインド型アルゴリズムによるアダプティブアレーを用いた干渉抑圧により上記の干渉問題の克服を目指す.従来より多数提案されているブラインド型アルゴリズムをいくつか紹介するとともに同条件下での干渉抑圧特性比較結果を示す.またその応用例としてマルチビームMassive MIMO,マルチセル干渉抑圧および異システム間周波数共用に向けた検討について紹介する. 
(英) This paper presents performance comparison of interference suppression on blind adaptive array algorithms. Co-channel interference becomes more extensive due to frequency resource exhaustion and small cell deployment which had been triggered by mobile traffic explosion. Multi-antenna signal processing is an effective means for such co-channel interference suppression. Strict approach is to utilize a priori information of channel state by estimating it via known training sequences. It gratuitously consumes radio resource and thus overhead inflates according to the increase of interference source to be suppressed. In addition, training sequence cannot be shared between wireless communication systems employing different transmission schemes. Here we focus on blind adaptive array where any channel estimation is not required. A number of blind algorithms have been proposed and they have various characteristics. Algorithms of interest are based on constant modulus (CM) and independent component analysis (ICA) criteria. We present fundamental observation of their interference suppression performance compared in terms of modulation order, number of interference sources, and degree of freedom, then derive the most stable approach using ICA incorporated with beamspace pre-processing.
キーワード (和) アダプティブアレー / ブラインド型アルゴリズム / 干渉抑圧 / 定包絡線アルゴリズム / 独立成分分析 / / /  
(英) Adaptive array / Blind algorithm / Interference suppression / Constant modulus / Independent component analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 71, CQ2018-22, pp. 25-30, 2018年5月.
資料番号 CQ2018-22 
発行日 2018-05-24 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2018-22

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2018-05-31 - 2018-06-01 
開催地(和) 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター 
開催地(英) Chiba Univ. Nishi-Chiba Campus, academic link center 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブラインド型アダプティブアレーによる干渉抑圧:アルゴリズムの特性比較と周波数共用への応用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blind Interference Suppression on Adaptive Arrays: Comparisons and Applications for Spectrum Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(2)(和/英) ブラインド型アルゴリズム / Blind algorithm  
キーワード(3)(和/英) 干渉抑圧 / Interference suppression  
キーワード(4)(和/英) 定包絡線アルゴリズム / Constant modulus  
キーワード(5)(和/英) 独立成分分析 / Independent component analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-31 16:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-22 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.71 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-05-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会