電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 11:45
知覚できない振動刺激による誘発脳波に関する検討
神藤義明竹村昌寛中西 功鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一般的なバイオメトリクス認証は,体表面に露出した情報を用いており,また,一度きりの認証であるため,詐称や認証後の成りすましなどの問題を有している.そのため,秘匿性が高く,継続的に提示可能な生体情報として脳波に注目している.中でも,刺激に対して誘発される脳波に注目する.ただし,継続的な認証のため,利用者が知覚できない振動刺激によって誘発された脳波を用いた個人認証を目指す.今回,被験者に対し知覚できない振動刺激を提示した際の脳波を測定し,振動刺激による誘発脳波の有無を確認するために,脳波のθ,α,β帯域でのスペクトルの含有率によるt検定を行った結果,知覚できない振動刺激により脳波が誘発されていることを確認した. 
(英) Generally biological biometrics authentication uses information exposed on the body and since it is one time authentication, it has problems such as spoofing of biometric information and impersonation after authentication. Therefore, we focused on electroencephalogram as biological information which is highly confidential and can be continuously presented. We aim for personal authentication using electroencephalogram evoked by unperceivable vibration stimuli. In this paper, we measured the brain waves of experimented subjects when presenting them the unperceivable vibration stimuli. Then, in order to check the presence or absence of evoked elements by unperceivable vibration stimulus in the brain waves, we conduct the t-test based on the content rate of power spectra of the brain waves in θ, α and β bands. As a result, it is confirmed that unperceivable vibration stimuli yield evoked elements in brain waves.
キーワード (和) バイオメトリクス / 脳波 / 知覚できない振動刺激 / t検定 / / / /  
(英) Biometrics / Electroencephalogram(EEG) / Unperceivable vibration stimulus / T-test / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 55, BioX2018-6, pp. 51-55, 2018年5月.
資料番号 BioX2018-6 
発行日 2018-05-17 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 BioX ITE-ME ITE-IST  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) 金沢大学西町サテライトプラザ 
開催地(英) Kanazawa Univ. Nishimachi Satelite Plaza 
テーマ(和) バイオメトリクス,インタラクティブ システム・画像入力デバイス・方式、及び一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2018-05-BioX-ME-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知覚できない振動刺激による誘発脳波に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Evoked EEGs by Unperceivable Vibration Stimuli 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイオメトリクス / Biometrics  
キーワード(2)(和/英) 脳波 / Electroencephalogram(EEG)  
キーワード(3)(和/英) 知覚できない振動刺激 / Unperceivable vibration stimulus  
キーワード(4)(和/英) t検定 / T-test  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神藤 義明 / Yoshiaki Shindo / シンドウ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 昌寛 / Akinobu Takemura / タケムラ アキノブ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 功 / Isao Nakanishi / ナカニシ イサオ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-25 11:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2018-6 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-BioX-2018-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会