電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 10:00
[技術展示]スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用観測システムプロトタイプの開発 ~ 周波数利用率の予測 ~
岩田大輝梅林健太佐藤 遼山田健斗大川航平笠原芳樹東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大
抄録 (和) Smart spectrum access (SSA) は, 周波数利用率などの周波数利用に関する統計情報を活用することで高効率な周波数共用の実現を目指す.我々はこれまでに,高精度な観測を目手とした観測信号処理技術の開発,周波数利用率の効率的モデル化手法,そして高精度な周波数利用率の予測手法を提案してきた.本展示では,周波数利用観測システムのプロトタイプを展示する.具体的には、複数台の観測センサーが取得した観測データ(I/Q データ)の信号処理技術(周波数解析,信号検出etc.)を紹介する。そして、処理結果から推定した周波数利用率等の統計データを見える化するともに,提案した周波数利用率の予測手法を用いて周波数利用率を予測する. 
(英) Smart spectrum access (SSA) can achieve a high-efficient spectrum sharing utilizing the prior information regarding spectrum usage. We proposed some techniques in terms of spectrum usage measurements including signal processing techniques for achieving high-accuracy measurement, high-efficient modeling method for spectrum occupancy and prediction method of spectrum occupancy. In this exhibition, we exhibit a spectrum measurement system prototype. Specifically, we introduce some digital signal processing techniques (spectrum analysis, signal detection, etc.) for measured data (I/Q samples) in which multiple measurement sensors acquire. Further, we visualize statistical information such as spectrum occupancy and predict spectrum occupancy by our proposed prediction method.
キーワード (和) ダイナミックスペクトラムアクセス / 周波数観測 / スマートスペクトラムアクセス / / / / /  
(英) Dynamic Spectrum Access / Spectrum Measurement / Smart Spectrum Access / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 57, SR2018-17, pp. 99-106, 2018年5月.
資料番号 SR2018-17 
発行日 2018-05-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) 
開催地(英) Tokyo big sight 
テーマ(和) 技術展示、機械学習、AI、一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Machine Learning, AI 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用観測システムプロトタイプの開発 
サブタイトル(和) 周波数利用率の予測 
タイトル(英) Development of Spectrum Usage Measurement System Prototype for Smart Spectrum Access 
サブタイトル(英) Prediction of Spectrum Occupancy 
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(2)(和/英) 周波数観測 / Spectrum Measurement  
キーワード(3)(和/英) スマートスペクトラムアクセス / Smart Spectrum Access  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 大輝 / Hiroki Iwata / イワタ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 遼 / Ryo Sato / サトウ リョウ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 健斗 / Kento Yamada / ヤマダ ケント
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 航平 / Kohei Okawa / オオカワ コウヘイ
第5著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 芳樹 / Yoshiki Kasahara / カサハラ ヨシキ
第6著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki
第7著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Miguel Lopez-Benitez / Miguel Lopez-Benitez / Miguel Lopez-Benitez
第8著者 所属(和/英) リバプール大学 (略称: リヴァプール大)
University of Liverpool (略称: Univ. of Liverpool)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-25 10:00:00 
発表時間 420 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.57 
ページ範囲 pp.99-106 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2018-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会