電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 15:55
Bootstrap信頼性評価法の車載ソフトウェアへの適用
佐野圭太アイシン精機)・藤原隆次SRATECH Lab)・木村光宏法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車載ソフトウェアは,製品の特性上高い信頼性が求められるが,進む大規模化および複雑化により限られたコストの中での信頼性の確保が困難になってきている.そこで本論文では,アプリケーション分野の実務で適用されているソフトウェア信頼性評価手法を車載ソフトウェアに適用した結果を示す.また,分析するデータが少なくなってしまう従来の手法がもつ弱点を克服するための簡単な計算方法を提案した上で,実測データに基づいた信頼性評価の例を示す. 
(英) Although automotive software is required to have high reliability in terms of product characteristics, it is becoming difficult to ensure reliability with limited cost due to progressing in scale and complexity. In this paper, we show the result of applying the software reliability assessment method applied in practical application field to automotive software. In
addition, we propose a simple calculation method to overcome the weak point of the conventional method that data to be analyzed become small, and show examples of reliability assessment based on actual measured data.
キーワード (和) 車載ソフトウェア / ソフトウェア信頼性 / 成長曲線モデル / ブートストラップ法 / 非同次ポアソン過程 / データ分析 / /  
(英) Automotive software / Software reliability / Growth curve model / Bootstrap method / Non-homogeneous Poisson process / Data analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 64, R2018-5, pp. 25-30, 2018年5月.
資料番号 R2018-5 
発行日 2018-05-18 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-05-25 - 2018-05-25 
開催地(和) 愛知工業大学 本山キャンパス 
開催地(英) Aichi Institute of Technology, Motoyama Campus 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性, 信頼性一般 
テーマ(英) Software Reliability, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Bootstrap信頼性評価法の車載ソフトウェアへの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bootstrap Software Reliability Assessment Method and Its Application to Automotive Software 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載ソフトウェア / Automotive software  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア信頼性 / Software reliability  
キーワード(3)(和/英) 成長曲線モデル / Growth curve model  
キーワード(4)(和/英) ブートストラップ法 / Bootstrap method  
キーワード(5)(和/英) 非同次ポアソン過程 / Non-homogeneous Poisson process  
キーワード(6)(和/英) データ分析 / Data analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 圭太 / Keita Sano / サノ ケイタ
第1著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
AISIN SEIKI Co.,Ltd (略称: AISIN SEIKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 隆次 / Takaji Fujiwara / フジワラ タカジ
第2著者 所属(和/英) SRATECH Lab株式会社 (略称: SRATECH Lab)
SRATECH Laboratory Inc. (略称: SRATECH Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-25 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-5 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.64 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2018-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会