お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 14:10
多偏波干渉合成開口レーダによる高精度ディジタル地形図生成のための位相特異点生成機序の解明
大塚優太島田智大夏秋 嶺廣瀬 明東大EMT2018-4 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2018-4
抄録 (和) 我々は多偏波干渉合成開口レーダにおける位相歪みと偏波状態との関係を調べることにより位相特異点の生成機序を解明する。解析の結果、次のことが明らかになった。コヒーレンス最大化による位相最適化を行ったことで得られるパラメータとパウリのCoherency行列のパラメータには相関がある。それは位相補正パラメータと偏波パラメータに相関があることを意味している。すなわち、位相特異点をもたらす位相歪みの主な生成要因は偏波変化の要因と同一である。したがって、偏波の状態を用いて位相歪みを補正することができる。 
(英) We investigate the relationship between the changes in phase and those in polarization in polarimetric interferometric synthetic aperture radar (PolInSAR) to elucidate the generation mechanisms of singular points (SPs). The results of the analysis show that there is a correlation between the parameters in the scattering mechanism vector optimized to maximize the interferometric coherence and those in the Pauli coherency matrix. It means that there is a correlation between the parameters of the phase compensation and the parameters of polarization. That is, the main changes in phase and those in polarization originate from an indentical phenomenon, namely, scattering itself. It also means that the polarization parameters can be used for compensation of SPs.
キーワード (和) 多偏波干渉合成開口レーダ / 位相特異点 / / / / / /  
(英) PolInSAR / singular point (SP) / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 67, EMT2018-4, pp. 33-38, 2018年5月.
資料番号 EMT2018-4 
発行日 2018-05-18 (EMT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2018-4 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2018-4

研究会情報
研究会 EMT IEE-EMT  
開催期間 2018-05-25 - 2018-05-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 電磁界理論一般 
テーマ(英) Electromagnetic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2018-05-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多偏波干渉合成開口レーダによる高精度ディジタル地形図生成のための位相特異点生成機序の解明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Singular-point Generating Mechanisms Based on the Correlations among the Parameters in Coherency Matrix and Those in the Optimized Scattering-mechanism Vector in PolInSAR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多偏波干渉合成開口レーダ / PolInSAR  
キーワード(2)(和/英) 位相特異点 / singular point (SP)  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 優太 / Yuta Otsuka / オオツカ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 智大 / Tomohiro Shimada / シマダ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏秋 嶺 / Ryo Natsuaki / ナツアキ リョウ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 明 / Akira Hirose / ヒロセ アキラ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-25 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-EMT2018-4 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.67 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMT-2018-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会