お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 14:30
手法を図式化する方法についての考察
山本修一郎名大KBSE2018-5
抄録 (和) ビジネスモデルやアーキテクチャなどについて多様な手法を図式化する方法が提案されている.本稿では,エンタープライズ・アーキテクチャに関する図式化手法間の関係を概観することにより,図式化の方法には,図式の生成,理解,合成,分解,変換があることを明らかにする.また,この方法を用いて,既存のイノベーション理論に対する図式モデルを導出できることと,異なる図式を統合することができることを明らかにする. 
(英) Visualization approaches have been developed for business models and architectures. This paper reviews various past and current visualization approaches on Enterprise Architecture and reveals inter relationship among these approaches. As a result, primitive visualization methods can be categorized into creation, understanding, composition, decomposition, and transformation. Moreover, using this category of primitive visualization is able to derive visual diagrams for traditional innovation theory and integrate different diagrams.
キーワード (和) 手法の可視化 / エンタープライズ・アーキテクチャ / 図式化手法 / ArchiMate / イノベーション理論 / / /  
(英) Method visualization / Visualization method / Enterprise Architecture / ArchiMate / Innovation theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 69, KBSE2018-5, pp. 19-24, 2018年5月.
資料番号 KBSE2018-5 
発行日 2018-05-18 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2018-5

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2018-05-25 - 2018-05-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般,研究課題討議セッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2018-05-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手法を図式化する方法についての考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on Method Visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手法の可視化 / Method visualization  
キーワード(2)(和/英) エンタープライズ・アーキテクチャ / Visualization method  
キーワード(3)(和/英) 図式化手法 / Enterprise Architecture  
キーワード(4)(和/英) ArchiMate / ArchiMate  
キーワード(5)(和/英) イノベーション理論 / Innovation theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-25 14:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2018-5 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2018-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会