電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-24 14:30
高速シリアル光通信を用いたCNN分割実装の検討
千竈純太郎中原康宏尼崎太樹久我守弘飯田全広末吉敏則熊本大RECONF2018-7
抄録 (和) 本研究ではCNNをマルチFPGAシステムに実装することで低消費電力かつスケーラブルなシステムを実現する.マルチFPGAシステムではFPGA間の通信がボトルネックとなるが高速シリアル光通信を用いることで解決を図った.また層ごとにシンプルな分割を行うことで複雑な通信を行う必要がない分割方法を提案した.CNNを提案システムに2つに分割した結果,転送レイテンシは全体の約0.08%であることを確認した. 
(英) In this research, we realize a low power consumption and scalable system by implementing CNN on multi FPGA system.To solve a bottleneck between multi FPGAs, we use high-speed optical communication links.
We also proposed a implementation method that does not require complicated communication by simple division for each layer.
As a result of dividing CNN on two FPGAs, we found that the transfer latency was about 2% of the total.
キーワード (和) FPGA / 高速シリアル通信 / 光通信 / CNN / / / /  
(英) FPGA / high speed serial communication / optical communication / CNN / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 63, RECONF2018-7, pp. 33-38, 2018年5月.
資料番号 RECONF2018-7 
発行日 2018-05-17 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2018-7

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) ゲートシティ大崎 B1ルームD 
開催地(英) GATE CITY OHSAKI 
テーマ(和) ディープラーニングおよびリコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Deep Learning, Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2018-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速シリアル光通信を用いたCNN分割実装の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visibility study of CNN implementation using High Speed Serial Optical Interconnection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 高速シリアル通信 / high speed serial communication  
キーワード(3)(和/英) 光通信 / optical communication  
キーワード(4)(和/英) CNN / CNN  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千竈 純太郎 / Juntaro Chikama / チカマ ジュンタロウ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 康宏 / Yasuhiro Nakahara / ナカハラ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Msahiro Iida / イイダ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-24 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2018-7 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2018-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会