電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-24 11:30
D2Dリレー通信の無線リソース制御信号量に関する削減手法の一検討
堅岡良知北川幸一郎趙 兵選柚木克夫新保宏之山口 明竹内和則KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5Gでは広い帯域幅を確保できる高周波数帯の活用が期待されている.一般に,高周波数帯は通信エリアが狭いという課題がある.高周波数帯スモールセルの更なる活用を目指して,著者らは端末間 (D2D) リレー通信を利用して,スモールセル外の端末がスモールセル経由で通信する形態を検討している.D2D区間の端末間干渉を低減するために無線リソースを制御する場合,端末数に比例して制御信号に必要な無線リソース (CCE) 量が増加し,CCEが枯渇した場合,送信遅延が生じる.したがって,端末数が多い場合にCCE数を削減することが課題であった.そこで,本稿では端末間干渉の生じない複数のD2D通信端末ペアをグループ化し,マルチキャストでの制御を行うことで,必要なCCE数を削減する手法を考案した.当該手法によるCCE数削減効果をシミュレーションで評価し,3GPPで規定されるsidelink transmission mode 1と比較して,最大で約71%のCCE数削減効果があることを確認した. 
(英) In 5G systems, the utilization of high frequency band that can use a wide bandwidth is expected. Generally, there is a problem that the communication area is narrow in the high frequency band. In order to utilize the small cells with high frequency band, we are studying the terminal-to-terminal (D2D) relay communication. The interference in D2D can reduced by controlling radio resources. However, the Control Channel Element (CCE) which is a radio resource necessary for the control signal increases in proportion to the number of terminals. When the CCE is exhausted, the communication quality deteriorates as transmission delay. Therefore, the problem is to reduce the number of CCEs when a large number of terminals exists. In this paper, we propose a method to reduce the number of CCEs by the grouping multiple D2D terminals without interference and multicasting the control signals. The effect of reducing the number of CCEs by the proposed method is evaluated by simulation. We confirmed that the proposed method has the effect of reducing the number of CCEs by about 71% at the maximum compared to mode 1.
キーワード (和) 5G / D2D / リレー / CCE / マルチキャスト / / /  
(英) 5G / D2D / relay / CCE / multicast / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 57, SR2018-2, pp. 7-12, 2018年5月.
資料番号 SR2018-2 
発行日 2018-05-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) 
開催地(英) Tokyo big sight 
テーマ(和) 技術展示、機械学習、AI、一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Machine Learning, AI 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) D2Dリレー通信の無線リソース制御信号量に関する削減手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reduction Method on Radio Resource Control Signal Amount of D2D Relay Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) D2D / D2D  
キーワード(3)(和/英) リレー / relay  
キーワード(4)(和/英) CCE / CCE  
キーワード(5)(和/英) マルチキャスト / multicast  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堅岡 良知 / Ryochi Kataoka / カタオカ リョウチ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 幸一郎 / Koichiro Kitagawa / キタガワ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 兵選 / Bingxuan Zhao / チョウ ヘイセン
第3著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柚木 克夫 / Katsuo Yunoki / ユノキ カツオ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 宏之 / Hiroyuki Shinbo / シンボ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 明 / Akira Yamaguchi / ヤマグチ アキラ
第6著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和則 / Kazunori Takeuchi / タケウチ カズノリ
第7著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-24 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-2 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.57 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2018-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会