電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-24 11:55
周波数共有に向けた無線LANシステムの干渉耐性評価に関する一検討
神戸寛典田久 修信州大)・安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2018-3
抄録 (和) 無線LAN(Local Area Network)は,スマートフォンやタブレットの普及にともない,家庭やオフィスなど様々なケースで活用されている.このような無線LANの普及にともなう多数の無線機の周波数共有の結果,伝送速度の大幅な低下や通信品質の劣化が生じている.無線LANではキャリアセンスによる干渉回避機能や,受信電力差を活用したキャプチャ効果を利用することで伝送品質を維持できる.しかし,商用化された無線LANでは受信機における処理は実装に自由度があり,アンテナ数や信号処理方法が異なることで,センシング感度やキャプチャ効果が端末ごとに異なる可能性がある.本稿では,人工的に生成した干渉信号源と商用の無線LANとの周波数共用状態を観測する実験を実施した.実験から,干渉耐性能力としてキャリアセンス感度や復調処理能力の観点で,商用無線LANの性能差を確認した. 
(英) Wireless local area networks (WLAN) are widely spread over office and home for supporting various applications. From the explosive growth of WLAN, a lot of wireless terminals share frequency resource and thus the drop of throughput and the degradation of communication quality are serious problem. In WLAN, a function of collision avoidance and a capture effect avoid the significant drop of communication quality. However, the product of WLAN has a freedom for the construction of receiver architecture. As a result, the sensitivity of capture effect and the performance of demodulation may be different for each product. In this paper, the experimental evaluation for clarifying the performance of receiver with each product of WLAN is conducted. In this experiment, the resource sharing between the artificial interference source and some products of WLAN is performed.
キーワード (和) 無線LAN / 周波数共用 / キャリアセンス / キャプチャ効果 / / / /  
(英) WLAN / Frequency Spectrum Sharing / Carrier Sense / Capture Effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 57, SR2018-3, pp. 13-19, 2018年5月.
資料番号 SR2018-3 
発行日 2018-05-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2018-3

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) 
開催地(英) Tokyo big sight 
テーマ(和) 技術展示、機械学習、AI、一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Machine Learning, AI 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共有に向けた無線LANシステムの干渉耐性評価に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Interference-Resistant Evaluation of WLAN Systems for Frequency Spectrum Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / WLAN  
キーワード(2)(和/英) 周波数共用 / Frequency Spectrum Sharing  
キーワード(3)(和/英) キャリアセンス / Carrier Sense  
キーワード(4)(和/英) キャプチャ効果 / Capture Effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神戸 寛典 / Hironori Godo / ゴウド ヒロノリ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 宏一 / Koichi Adachi / アダチ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro Comunications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Mai Ohta / オオタ マイ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro Comunications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 文仁 / Fumihito Sasamori / ササモリ フミヒト
第6著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 志郎 / Shiro Handa / ハンダ シロウ
第7著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-24 11:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-3 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.57 
ページ範囲 pp.13-19 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2018-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会