お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-22 09:55
機械学習と数理最適化による最適な学び合いネットワークの構成手法
大前佑斗東京高専)・古屋達朗笛川小)・水越一貴デジタルアライアンス)・大島崇行榊原範久兵庫教大)・水落芳明上越教大)・八代一浩山梨県立大)・高橋弘毅長岡技科大HCS2018-14 HIP2018-14
抄録 (和) 近年,集団型授業において学び合い(学習者同士が協働しながら共通の課題を解決していく学習法)が有効な教育手法として確立してきている.
ただし,学び合うパートナーの個性や学力が合致しないなど様々な要因により,学習者の理解度が向上しにくい状況も存在し得る.
学び合いをファシリテートする教員がこのような状況を察知した場合,理解度が向上しやすいパートナーと学び合わせてみる,ということも必要になる.
しかし,誰と誰を学び合わせるべきか,その判断能力が十分に形成されていない場合,理解度が向上しやすいパートナーを判断できないこともある.
そこで本研究では,リアルタイムの学び合い支援に向け,今後10分間の学び合いにおいて,
(1)理解度が向上しやすいパートナー,
(2)クラス全体の理解度が最も向上する学び合いの形状,
(3)どの学習者が学び合いのキーパーソンとなるか,
上記3点を教育ビッグデータから統計的な傾向に基づき導出し,可視化する数理的枠組みを提案する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 教育工学 / 機械学習 / 最適化 / 学び合い / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-14, pp. 107-112, 2018年5月.
資料番号 HCS2018-14 
発行日 2018-05-14 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2018-14 HIP2018-14

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2018-05-21 - 2018-05-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマンコミュニケーション一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2018-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習と数理最適化による最適な学び合いネットワークの構成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method to Develop Optimal Collaborative Learning based on Machine Learning and Mathematical Optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 教育工学 /  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 /  
キーワード(3)(和/英) 最適化 /  
キーワード(4)(和/英) 学び合い /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大前 佑斗 / Yuto Omae / オオマエ ユウト
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NITTC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 達朗 / Tatsuro Furuya / フルヤ タツロウ
第2著者 所属(和/英) 山梨市立笛川小学校 (略称: 笛川小)
Yamanashi Municipal Tekisen Elementary School (略称: YMTES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水越 一貴 / Kazutaka Mizukoshi / ミズコシ カズタカ
第3著者 所属(和/英) 株式会社デジタルアライアンス (略称: デジタルアライアンス)
Digital Alliance Co., LTD. (略称: DA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 崇行 / Takayuki Oshima / オオシマ タカユキ
第4著者 所属(和/英) 兵庫教育大学 (略称: 兵庫教大)
Hyogo University of Teacher Education (略称: HUTE)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 範久 / Sakakibara Norihisa / サカキバラ ノリヒサ
第5著者 所属(和/英) 兵庫教育大学 (略称: 兵庫教大)
Hyogo University of Teacher Education (略称: HUTE)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水落 芳明 / Yoshiaki Mizuochi / ミズオチ ヨシアキ
第6著者 所属(和/英) 上越教育大学 (略称: 上越教大)
Joetsu University of Education (略称: JUE)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八代 一浩 / Kazuhiro Yatsushiro / ヤツシロ カズヒロ
第7著者 所属(和/英) 山梨県立大学 (略称: 山梨県立大)
Yamanashi Prefectural University (略称: YPU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 弘毅 / Hirotaka Takahashi / タカハシ ヒロタカ
第8著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-22 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2018-14,IEICE-HIP2018-14 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.49(HCS), no.50(HIP) 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2018-05-14,IEICE-HIP-2018-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会