電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-21 13:10
遠隔コミュニケーションシステム「ともリビ」におけるモード遷移のプロトコルの検討
花井俊孝飯島俊輔酒造正樹武川直樹東京電機大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 離れて住む高齢者家族と子供家族を結び“あたかも「とも」に暮らし,「リビ」ングを共有しているような感覚”の提供を目指し,遠隔コミュニケーションシステム「ともリビ」の開発と評価を行っている.現状のシステムは,在不在を相互に共有する「存在感モード」相互の活動状況を共有する「アクティビティ共有モード」をユーザが切替えているが,ユーザ宅の使用実験から得られたデータを基にモードを自動で適切に切替える手順の検討を行った. 
(英) For improving QoL of elderly people living apart from their independent daughter/son family, we proposed and developed a remote communication system called “Tomo-Livi” that connects two families by information communication technology. The system had two different modes before connecting by video communication mode. One was sharing their co-existence information and the other was sharing their activity information. With their various life styles, they could manually change their desired mode each other. A long term user experiment shows an opportunity increase of video communication under the circumstances of sharing the co-existence and activity information. Based on the result of user study, we propose an adequate communication protocol for mode transition in this paper.
キーワード (和) 遠隔コミュニケーション / 共在感 / プライバシー / コミュニケーションの仲介 / 家族支援 / / /  
(英) Remote communication / Co-existence / Privacy / Communication mediation / Support of family communication / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-5, pp. 33-38, 2018年5月.
資料番号 HCS2018-5 
発行日 2018-05-14 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2018-05-21 - 2018-05-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマンコミュニケーション一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2018-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠隔コミュニケーションシステム「ともリビ」におけるモード遷移のプロトコルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Mode Transition Protocol in Remote Communication System "Tomo-Livi" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔コミュニケーション / Remote communication  
キーワード(2)(和/英) 共在感 / Co-existence  
キーワード(3)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーションの仲介 / Communication mediation  
キーワード(5)(和/英) 家族支援 / Support of family communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花井 俊孝 / Toshitaka Hanai / ハナイ トシタカ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯島 俊輔 / Syunsuke Iijima / イイジマ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒造 正樹 / Masaki Shuzo / シュゾウ マサキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa / ムカワ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-21 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2018-5,IEICE-HIP2018-5 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.49(HCS), no.50(HIP) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2018-05-14,IEICE-HIP-2018-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会