電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-21 16:25
日本語修辞疑問文における対格WH語の指示性 ~ 音声聴取実験による二種類の統語構造の検証 ~
髙木幸子坂本暁彦常磐大HCS2018-12 HIP2018-12
抄録 (和) 対格WH語を伴う修辞疑問文では,発話時に聞き手を非難する解釈が生じうる.この非難の解釈は聞き手による行為の対象物を問題にするかどうか(すなわち,非難の焦点が行為の対象物へと向かうのか,あるいは,行為そのものへと向かうのか)に応じて意味解釈上の曖昧性を示す.坂本・髙木 (2018)では,統語構造に関する仮定上,対格WH語が行為の対象物を指示していると想定される前者の解釈を指示的解釈と,そうではないと思われる後者の解釈を非指示的解釈と呼び,指示にまつわるこうした現象を総じて指示性現象と名付けた.そのうえで,これら二種類の意味解釈に対応するとされた統語構造から韻律構造を予測し,内省判断に基づき当該統語・韻律構造の妥当性を検証した.本研究ではさらに,その妥当性を音声聴取実験からも検証することで,質と量の両面から指示性現象の解明に当たる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 対格WH語 / 指示性現象 / 非難の焦点 / 内的・外的検証 / 質と量 / / /  
(英) Accusative-marked wh-phrases / Referentiality phenomena / Focus of accusation / Internal/external examination / Quality and quantity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 49, HCS2018-12, pp. 83-88, 2018年5月.
資料番号 HCS2018-12 
発行日 2018-05-14 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2018-12 HIP2018-12

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2018-05-21 - 2018-05-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマンコミュニケーション一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2018-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語修辞疑問文における対格WH語の指示性 
サブタイトル(和) 音声聴取実験による二種類の統語構造の検証 
タイトル(英) The Referentiality of Accusative Wh-Phrases in Japanese Rhetorical Questions 
サブタイトル(英) Examining Two Types of Syntactic Structures by the Experiment Using Vocal Stimuli 
キーワード(1)(和/英) 対格WH語 / Accusative-marked wh-phrases  
キーワード(2)(和/英) 指示性現象 / Referentiality phenomena  
キーワード(3)(和/英) 非難の焦点 / Focus of accusation  
キーワード(4)(和/英) 内的・外的検証 / Internal/external examination  
キーワード(5)(和/英) 質と量 / Quality and quantity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙木 幸子 / Sachiko Takagi / タカギ サチコ
第1著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 暁彦 / Akihiko Sakamoto / サカモト アキヒコ
第2著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-21 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2018-12,IEICE-HIP2018-12 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.49(HCS), no.50(HIP) 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2018-05-14,IEICE-HIP-2018-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会