お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 13:00
互いに直交する窓開口面を通過するパスの電界強度推定法 ~ 直交開口面に対するDouble Aperture Field法 ~
天野祐輔多賀登喜雄関西学院大AP2018-29
抄録 (和) 屋内-屋内伝搬特性の推定に対して, 2つの開口を通過する電波の電界強度を推定する手法として, Double Aperture Field(DAF)法が提案されているが, 互いに正対する2つの窓開口に対しての計算式であり, 開口面が互いに直交する環境下の推定には対応していなかった. 本報告は, 窓開口面が互いに直交する位置関係にある場合のDAF法の計算式を提案する. 電波暗室内に遮蔽スクリーンを直交配置し, 各々のスクリーン上に開口を設けた電波環境に対して6.1GHz帯での実験を行い, 計算式の有効性を示すものである. 実験的検証の結果, 提案するDAF法の推定精度が1.4dB以下になることを確認し, その有用性を明らかにしている. 
(英) Double Aperture Field (DAF) method has been proposed as a method for estimating electric field strength of radio waves passing through two apertures for indoor to indoor propagation characteristics estimation. However, it is a calculation formula for two window apertures facing each other and does not cope with estimations under environments in which the aperture planes are orthogonal to each other. This report proposes the calculation formula of the DAF method when the window aperture planes are orthogonal to each other. 6.1GHz band experiments are conducted in an anechoic chamber in which shielding screens with apertures are orthogonally arranged, and the effectiveness of the calculation formula is shown. As a result of experimental verification, it is confirmed that the estimation accuracy of the proposed DAF method becomes 1.4 dB or less, and its usefulness is clarified.
キーワード (和) 5G / 屋内-屋内伝搬 / 窓開口 / Aperture Field法 / / / /  
(英) 5G / Indoor to Indoor propagation / window aperture / Aperture Field method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 37, AP2018-29, pp. 89-93, 2018年5月.
資料番号 AP2018-29 
発行日 2018-05-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-29

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 互いに直交する窓開口面を通過するパスの電界強度推定法 
サブタイトル(和) 直交開口面に対するDouble Aperture Field法 
タイトル(英) A study on estimation of field strength passing through perpendicularly located windows 
サブタイトル(英) Double Aperture Field method for perpendicularly located apertures 
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 屋内-屋内伝搬 / Indoor to Indoor propagation  
キーワード(3)(和/英) 窓開口 / window aperture  
キーワード(4)(和/英) Aperture Field法 / Aperture Field method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 祐輔 / Yusuke Amano / アマノ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-29 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会